知る人ぞ知る“ものづくりカンパニー”ドウシシャの商品開発に迫る第3回。企業が成長を続けるには、新市場の創造は欠かせない。隠れたニーズを見つけるのはもちろん、高齢化といった社会的環境の変化にも目を配り、市場を見つけ出す努力が必要になる。その点、ドウシシャの新商品には、新市場創造への目の付けどころのヒントが満載だ。「ドヤ家電」の命名者である小口覺氏が、ドウシシャの開発の秘密を意識低い系マーケティング的視点で明らかにする。

お話を聞いたドウシシャの皆さん

井下主(いのしたつかさ)さん/ドウシシャ 専務執行役員 第2事業本部長
[画像のクリックで拡大表示]
中込光輝さん/ドウシシャ 家電事業部 家電商品ディビジョン アシスタントマネージャー
[画像のクリックで拡大表示]
目黒弘泰さん/ドウシシャ A&V関連事業部 A&V関連商品ディビジョン マネージャー
[画像のクリックで拡大表示]

足元専用のセラミックヒーター

小口: 現在、期待している商品を教えてください。

井下: 去年は好評で売り切れた足元専用のセラミックヒーターです。普通のセラミックヒーターの消費電力は600Wや1200Wですが、これは130W。42度という足湯ぐらいの温度を持続するヒーターです。

小口: 温風が出て靴を履いたままでも使える。

井下: 狙ったのはオフィスで働く女性です。女性は末端の冷える人が多いですから。130Wでも足元を温めると体全体がほどよく温まります。それに、1000Wのヒーターを皆が使い始めると会社のブレーカーが落ちてしまう(笑)。オフィスで使うのに罪悪感がないように、ブラウンなど目立たない色も作りました。

【意識低い系ポイント】「オフィスで使うのに罪悪感がないように、ブラウンなど目立たない色も作りました」
使う人の心にまで配慮。意識高い系の「うちの製品は素晴らしいから堂々と使え」とは真逆。


小口: ありそうでなかった商品ですね。夏場も、冷房による冷え対策として使えそうです。活性炭フィルターも搭載しているのですね。

井下: 消臭とまではいきませんが、せめて足の臭いを拡散しないようにですね。バイヤーさん向けの展示会でも好評で、すでに韓国からも問い合わせが数件来ています。

足元を心地よく温める「足元ヒーター」。8時間の自動オフ機能、転倒オフスイッチ、温度ヒューズの安全装置を備える
[画像のクリックで拡大表示]

海外向けの販売には力を入れる

小口: 他の商品も海外での展開は多いのですか?

井下: デザインボトル「mosh!」の販売の30%が韓国です。韓国でも有名タレントさんのInstagramでブームを巻き起こしています。日本ではライセンスの関係で販売できませんが、LINEのキャラクターとコラボした製品も出しています。

 「kamomefan」は韓国や中国で、加湿器は米国で売れている。今、台湾風かき氷が作れる「とろ雪」には、台湾からオファーが来ています。

小口: 一種の逆輸入といえそうです。

井下: これまで海外での販売にはあまり力入れてこなかったのですが、流石に日本のマーケットだけ見ているのではダメなので、今後は第2事業本部が中心になって海外販売を進めていく予定です。かき氷器については、来年さらに進化させた製品を出す予定です。