コンビニに当たり前のように置いてあるコピー機だが、実は近年、著しい進化を遂げている。文書の印刷やスキャンができるのは当たり前。スマホの写真を手軽に印刷したり、オリジナルのハガキやカレンダーを作ったり、証明写真を印刷したりできる。さらには、住民票を取り寄せるサービスや、アイドルの写真を購入できるサービスもある。進化するコンビニのコピー機の便利な活用法と、そこで展開されているビジネスの現状を紹介する。

 コンビニエンスストアで多くの人がお世話になる機械の1つに、「コピー機」がある。配布資料を作ったり、履歴書の控えを残したり、学生時代、試験前にノートをコピーするために順番待ちをしたり、人それぞれにコンビニでコピー機を使った体験があるだろう。

 ところが、そんなコンビニコピー機が着々と、しかも大胆に進化していることを皆さんはご存じだろうか。「カラーコピーができる」「スキャンができる」「ファクシミリが送信できる」ぐらいまでは気づいていても、ネット経由でパソコンやスマートフォンから書類を印刷できたり、書類のスキャンができたり、スマートフォンで撮影した写真をきれいにプリントできたりとなると、知る人ぞ知る機能になってくる。

Graphs / PIXTA(ピクスタ)
[画像のクリックで拡大表示]

 富士ゼロックスでマルチコピー機を担当する中央営業事業部 流通・サービス営業統括 アーケードサービスグループ グループ長の佐野広延さんは、こう語る。

 「コンビニのコピー機は、当初の白黒コピーから、カラーコピー、FAXの対応、そしてインターネットにアップロードしたデータをプリントする『ネットプリント』、スキャン、写真印刷など、どんどん機能を追加してきました。住民票などの印刷ができる行政サービスや、アイドルなどのブロマイドを印刷するコンテンツサービスにも幅を広げています。こうした多機能化の進化は、お客さまがコンビニコピー機に求めるニーズを捉えて、機能を追加してきた歴史そのものです」

 全国の街角に点在するコンビニの多くに、このような多機能なプリンター複合機が設置されているのだ。ビジネスでもプライベートでも活用しない手はない。まずは、最新コンビニコピー機の“基本”機能から説明しよう。

【この記事の内容】
○家で印刷できないサイズもネット経由でプリント
○出張先や営業先で急に書類が必要なときに活躍