アナログ腕時計の文字盤はそのままに、ベルト部分に電子マネーや通知機能を詰め込んだソニーのスマートウォッチ「wena wrist」が、2016年6月30日から正式販売をスタートした。さらに、専用アプリのAndroid版も同日にリリースされた。

 wena wristは、ソニーの新規事業創出プログラムから誕生した、これまでにない画期的なスマートウォッチ。既存のスマートウォッチではディスプレーを搭載するのが基本だが、wena wristはヘッド部分にアナログ時計を採用するとともに、ベルト部分に「電子マネー機能」「通知機能」「ログ機能」を内蔵。腕時計のデザイン性とスマートウォッチの利便性を両立しているのが最大の特徴だ。

ソニーのスマート腕時計「wena wrist」
[画像のクリックで拡大表示]

 wena wristは、2015年秋に実施したクラウドファンディングで国内最高記録となる1億円以上の支援を集めるなど、発表時から人気を博してきた。これまでは2000人を超えるクラウドファンディングの支援者に向けて製品を順次提供してきたが、その対応がひと通り完了。これを受けて今回の正式販売となった。

 wena wristを購入できるのは、時計専門店や百貨店、およびソニーが運営するEコマースサイト「First Flight」などの約80店舗。店舗の詳細はwenaの公式ウェブサイトで確認可能だ。

 製品のラインアップは「Chronograph」シリーズと「Three Hands」シリーズのそれぞれにシルバーとプレミアムブラックの2色を取りそろえたほか、First Flightのみで購入できる限定色としてThree Handsシリーズのホワイトを用意する。

 価格はChronographのシルバー「WN-WC01S」が5万9800円、プレミアムブラック「WN-WC01B」が6万9800円、Three Handsのシルバー「WN-WT01S」が4万2800円、プレミアムブラック「WN-WT01B」が4万9800円、ホワイト「WN-WT01W」が4万3800円(すべて税別)。

左から「WN-WC01S」「WN-WT01S」「WN-WC01B」「WN-WT01B」「WN-WT01W」
[画像のクリックで拡大表示]