デジタルデバイスでは強みを持つものの、カメラメーカーとしては歴史の浅いソニー。コニカミノルタの資産を受け継いでも、先行するカメラ専門メーカーには信頼度、ブランド力で大きく水をあけられていた。しかしこの数年、プロやハイアマチュアからの評価や支持が上昇。日本を代表するカメラメーカーの一角を占めつつある。ソニーがカメラ事業で快進撃を続ける源は何なのか。第4回はカメラ事業にフォーカスする。

 ここ2~3年、写真撮影のメイン機器がスマートフォンに移ったこともあり、苦しい状況が続くデジカメ業界。その中で、ミラーレス一眼「αシリーズ」や高級コンパクトデジカメ「Cyber-shot RXシリーズ」を擁するソニーの元気ぶりが目を引く。老舗のカメラメーカーに先駆けて、フルサイズのミラーレス一眼やフルサイズのレンズ一体型高級コンパクトなどの魅力的なカメラを製品化して矢継ぎ早に投入。“攻め”の姿勢と、市場のニーズに合ったカメラの仕上がりが、熱心な写真ファンやプロカメラマンにも高く評価されている。

自社開発だからこそ目指せる新しい映像体験

 ソニーのカメラ事業の強みを、デジカメ事業を手がけるDI事業本部の松下洋之氏は「イメージセンサーなどのキーデバイスとソフトウエアの両方の技術者がおり、自前で設計・製造している。キーデバイスを外部から買ってきて組み立てるのでは実現が難しい機能も、他社に先駆けてできる」と説明する。半導体やバッテリーなどのデバイスメーカーとしての歴史が長い同社ならではだろう。

 そのソニーの最新技術が積層型CMOSセンサー「Exmor RS」だ。搭載されているのは、同社の高級コンパクトデジカメ「Cyber-shot DSC-RX100M4」(2015年7月発売)と「同DSC-RX10M2」(同8月発売)、「同DSC-RX10M3」(2016年5月発売)。他のカメラメーカーにデバイスを提供もしている同社だが、他社の製品を含めてもまだこの3製品しかない。

 Exmor RSは、イメージセンサーにメモリーを搭載してデータの読み出し速度を従来の5倍以上に高めることで、最大40倍ものスーパースローモーション動画をフルHD画質で撮影できるようにしたのが特徴だ。これまでプロ用の機材でしかできなかったハイクオリティーな映像体験が、民生用のデジカメで可能になった。ローリングシャッターゆがみを抑えて撮れる1/32000秒の高速シャッターも、撮影の幅を広げられる機能として注目できる。Exmor RS自体は、輝度のレンジを広げて明暗部を明瞭に記録するHDRムービーの撮影にも対応しており、HDRが高画質技術の要となる4Kテレビが普及する時代には映像にさらなるインパクトをもたらす可能性が高い。

 松下氏は「これによってユーザーに新しい映像体験を提案できるだろう」と自信を示す。スローモーション動画は、昨今の動画トレンドのひとつだ。世界中のユーザーが自ら撮ったスローモーション動画をYouTubeやSNSで公開して人気を集めており、「自分でも撮ってみたい」という要望が高まっている。だからこそ、「スローモーション動画などの新機能でも、高い画質を確保する。画質に妥協すると決して長く満足してもらえないし、そもそも製品を選んでもらえない」(松下氏)という。

ソニーが開発した積層型CMOSセンサー「Exmor RS」。イメージセンサーの裏側に搭載したメモリーを利用することで、データの読み出し速度を従来の5倍以上にまで高めた
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
積層型CMOSセンサーを搭載するデジカメは、いまのところ「Cyber-shot DSC-RX100M4」(左)と「Cyber-shot DSC-RX10M2」「Cyber-shot DSC-RX10M3」(右)のみとなる。ソニー以外のメーカーを含めても、デジカメではこの3機種以外には存在しない