小学生を対象としたプログラミング教育で最も人気なのが「Scratch(スクラッチ)」だ。ブロックをつなぐだけで簡単にプログラムを作れる。

 米マサチューセッツ工科大学(MIT)のメディアラボが開発した「Scratch(以下、スクラッチ)」は、世界中で広く使われているビジュアルプログラミング環境です(図1)。スクラッチはWebサイトにアクセスして使います(図2)。ソフトのインストールなどは必要なく、すぐにプログラミングを体験できるのが特徴です。

図1 「Scratch(スクラッチ)」を使ったプログラミングの流れ。命令などを表すブロックをつないでいくだけでプログラムを作れる。
[画像のクリックで拡大表示]
図2 スクラッチのWebサイトにアクセスし、「作る」か「やってみる」をクリックしてプログラミングを始めよう。アカウントを作ると、作品の保存や公開もできるようになる。
[画像のクリックで拡大表示]

ブロックをつないでネコを動かそう

 スクラッチの場合、ネコのキャラクターに対してさまざまな動作をさせるプログラムを作るのが基本です。プログラムは、命令などを表すブロックを組み合わせて作ります。図1のように、ブロックのジャンルを選び、ブロックをマウスでドラッグして「スクリプトエリア」に置いていきます。プログラムが完成したら、旗のアイコンをクリックすると「ステージ」のネコがプログラム通りに動きます。

 プログラミングは「習うより慣れよ」です。早速やってみましょう。「動き」のジャンルにある「10歩動かす」ブロックをスクリプトエリアに置きます(図3)。さらに、「[旗]がクリックされたとき」ブロックを追加するだけでプログラムは完成です。緑の旗をクリックするとプログラムが実行され、ネコが右に少し移動します(図4)。非常に単純ですが、これも立派なプログラムです。

図3 まずネコのキャラクターを動かしてみよう。「10歩動かす」ブロックをスクリプトエリアにドラッグ・アンド・ドロップ(上)。次に、ジャンルを「イベント」に切り替え、「[旗]がクリックされたとき」ブロックを「10歩動かす」につなぐ。ドラッグしてブロックを近くに持っていくと自動でくっつく(下)。
[画像のクリックで拡大表示]
図4 緑の旗アイコンをクリックするとプログラムが実行され、ネコが右に10歩だけ動く。たったこれだけでも、ネコの絵を移動させるプログラムだ。
[画像のクリックで拡大表示]