この記事は「日経Kids+ 子どもと一緒に楽しむ! プログラミング」(2017年3月発売)から転載したものです。内容は基本的に発売日時点のものとなります。

プログラミングを学習することで5つの能力が子どもに身につく

 プログラミング教育で、よく出てくるキーワードが「プログラミング的思考」です。プログラミングに求められる思考は、主に5つの能力とされていて「抽象化する能力」「理解して分解する能力」「順序立てて考える能力」「分析する能力」「一般化する能力」になります。この5つの能力が、プログラミング教育において身につく能力になります。

[画像のクリックで拡大表示]