「音でしょ! デザインでしょ! 色でしょ! いやいや全部でしょう!」。現実的にそのすべてを満すイヤホン選びは難しいが、こう語るのはハイレゾ級の美声を誇り、イヤホンに精通した実演販売士ソルジャー藤巻氏。注目したのは、エレコムのハイレゾ対応イヤホン「Hi-Res in Colors」である。

[画像のクリックで拡大表示]
コパ・コーポレーション ソルジャー藤巻氏
声が命ともいわれる実演販売業界で、その美声ゆえに〝ボイス系実演販売士?の異名をとる。人気通販番組において、持ち前の美声を響かせながら、「史上最年少で1億円超え」を記録した実力派でもある。

 

実演動画をチェック!

「Hi-Res in Colors」。型式:密閉式、耳栓タイプ/ドライバーユニット:ダイナミック型 8.8mm/インピーダンス:16Ω/音圧感度:102dB mW/最大入力:100mW/再生周波数帯域:5Hz~45kHz/コード長:1.2m(Y型)/プラグ:3.5mm 3極ミニプラグ(L型)
[画像のクリックで拡大表示]

 写真を見ればわかるように、「Hi-Res in Colors」はデザインと豊富なカラーバリエーションで他のイヤホンと一線を画すが、ハイレゾ対応の高音質、そして抜群のコストパフォーマンスにも注目だ。独創的なデザインで話題をさらった「Colors」(2007年に発売され、約140万本販売)のリバイバルモデルとなる。定評のあるデザイン性の高さは継承しながら、質感と音質の向上に徹底的にこだわった仕様となっており、持つことを誇れるようなイヤホンだ。

Point1 デザイン&使い心地

[画像のクリックで拡大表示]

重厚感と親しみやすさにホレました

 まずはデザイン。ソルジャー藤巻氏はやはり真鍮製のハウジングに注目し、「高級感がありますね! それに他のイヤホンにはない配色で、カラバリも豊富だからスーツ姿にもよく似合うんじゃないでしょうか」。ハイレゾ対応イヤホンのデザインは、いかにも〝高性能でございます?といったゴツゴツしたものが多いが、これは違う。「そう、ポップなのにハイレゾ。ハイレゾなのにポップ。親しみやすさと重厚感がうまく融合している感じで、こんなイヤホンを待っていました!」

高級感あふれる真鍮製のハウジングは、容積を大きくするため丸みのある形状に。真鍮と樹脂のハイブリッド構造は、不要な振動を抑えて音楽信号を忠実に再生する
[画像のクリックで拡大表示]
イヤーキャップ素材には硬軟のシリコンをバランスよく配置し、フィット感を向上させている。L側のみ小さな突起があり、LR表示を目視しなくても装着可能
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]