シャネルの口紅自動販売機が世界初登場

 最後に、国内外の観光客の人気を集めそうなのが、地下1階のトータルビューティフロア。百貨店の化粧品売り場とは異なり、コスメブランドからネイル、美容雑貨やフードまで集積。全店舗の約3分の1が個室を備えているほか、ITを駆使した仕掛けやイベントなどこれまでのコスメフロアにはなかった“コト体験”を楽しめる。

 「ディオール」「クレ・ド・ポー ボーテ」など日本最大級の旗艦店を出店した13ブランドを含む34ブランドがワンフロアに集結。世界初のコンセプトを採用したVIPルームがある「イヴ・サンローラン」や、世界初の口紅自動販売機を展開する「シャネル」など、ユニークな店舗が目白押しだ。

34ブランドのうち13ブランドが日本最大級の旗艦店を出店した、地下1階の「トータルビューティフロア」。国内外の観光客の人気を集めそう
[画像のクリックで拡大表示]
「シャネル フレグランス&ビューティ」の目玉はコスメの自動販売機。タッチパネルで欲しい色を選び、カードで精算を済ませると、商品がショッパーに入った状態で受け取り口から出てくる仕組み。日本語、英語、中国語、韓国語の4カ国語に対応。第1弾は「ルージュココ」12色
[画像のクリックで拡大表示]
最先端のデジタルツールを駆使した「ディオール ビューティ銀座」。フレグランスからメークアップ、スキンケアまでトータルビューティーを叶えるサービスが充実。ジャドールやミスディオールなど好きなフレグランスの香りのイメージをチェックできるタッチパネル式の最新機器が楽しい
[画像のクリックで拡大表示]
資生堂が展開する最高級ブランド「クレ・ド・ポー ボーテ」の最新型店舗。パリを拠点に活躍する建築家、田根剛氏とのコラボレーションにより、ブランドの世界観を表現。季節や時間によって照明が変化する「光のアートワーク」や「輝く細胞」をモチーフにした「センターテーブル」など五感に響く空間が印象的
[画像のクリックで拡大表示]
「シュウ ウエムラ」の新デザインショップ「トーキョー メイクアップ アトリエ」の1号店。自由に試せるメイクアップコーナーや大型モニターに流れるバックステージムービーなどポップでカラフルな空間でメイクを楽しめる。常設の「デジタル シュウ ベアー」ではメイクをバーチャルで試せる
[画像のクリックで拡大表示]
銀座の人気店「加圧ビューティテラス」の新業態。ヘアケアやエステだけでなく、VR機器を使った話題の異空間体感型エイジングケアスリムプランやシルクサスペンションを体験できる
[画像のクリックで拡大表示]

(文/橋長初代)