2017年4月20日、銀座最大の商業施設「ギンザシックス」がついに開業。専門誌3誌による視点を交え、その全貌を徹底解剖する。(関連記事「銀座最大の商業施設「ギンザシックス」の見どころは? 」「ギンザシックスの飲食はマニアックな“日本初”だらけ 」「ギンザシックス開業で銀座の人の流れは変わるか 」「「ギンザシックス」がポイントカードを発行しないワケ 」)

 J.フロント リテイリングと森ビル、Lキャタルトン リアルエステート、住友商事の4社は2017年4月20日、東京・銀座に商業施設「GINZA SIX(ギンザ シックス)」を開業する。以前にあった松坂屋銀座店の建て替えだけでなく、周辺を含む2ブロック(敷地面積9080平方メートル)を統合した再開発により、銀座地区では最大規模の約4万7000平方メートルの商業エリアを備える大規模な施設に生まれ変わった。

 地下3階から13階まであり、地下2階から6階までと13階の一部には合計で241の世界的なブランド企業が出店。地下3階には伝統芸能の拠点としての「観世能楽堂」があり、1階にはインバウンド需要を狙った観光バスの乗降所や観光案内所を設置した。7階から12階と13階の一部フロアはオフィスとして賃貸。屋上は面積が約4000平方メートルの庭園になっている。

 ギンザシックスの狙いは、日本だけでなく「世界のGINZA(銀座)」のアイコンとして、ここにしかないもの、ここでしか味わえない体験を提案して、銀座から世界に発信していくことにあるという。そこで商業施設でありながら、日本の「アート」を強く打ち出すことで、世界に向けて存在感を高めようとしている。

 元々、銀座は数多くの画廊があり、以前からアートのイメージが強かったという。そこで世界的に著名なデザイナーに外観や内部のデザインを依頼したほか、東京・六本木の森美術館の監修で館内フロアにはさまざまな日本人アーティストの作品を展示。来店客はアートに囲まれながら過ごせる。海外からの顧客も、日本人アーティストの作品を目にして、新たな感動を覚えるかもしれない。

 世界に引けを取らない一流の商品やサービス、そしてアートにより、ワンランク上のライフスタイルを実現できるようにするため、ギンザシックスはどのようにデザインされ、どんなアート作品があるのか、その一部を見てみよう。

外観は谷口建築設計研究所の谷口吉生氏が基本設計とデザインを担当し、「のれん」「ひさし」をイメージした(写真:名児耶 洋、以下同じ) 
[画像のクリックで拡大表示]