7万9800円と高額ながら、先行予約開始から約3カ月で約2万台を受注するなど異例のヒットとなっている炊飯器「バーミキュラ ライスポット」(愛知ドビー)。その魅力はどこにあるのか。専門誌3誌による視点を交え、その実力を解剖!(関連記事「“SNS顧客主義”がバーミキュラ炊飯器のヒット生む」「バーミキュラ炊飯器の開発秘話、大きかった2つの壁」)

 愛知ドビーが2016年12月に発売した炊飯器「バーミキュラ ライスポット」(以下、ライスポット)がヒットしている。先行予約を開始した11月から3カ月間で2万台を受注したとのこと。直販価格7万9800円という高額商品にしてはかなりの売れ行きといえるだろう。

 筆者は昨年12月末に購入し、約3カ月にわたって炊飯や調理に使っている。その視点から、ライスポットが売れた理由を考えてみたい。

愛知ドビーが2016年12月に発売した「バーミキュラ ライスポット」(直販価格7万9800円)
[画像のクリックで拡大表示]
ライスポットでご飯が炊き上がったところ
[画像のクリックで拡大表示]