2017年9月30日、JR東海が東海道・山陽新幹線で新たなインターネット予約サービス「スマートEX」をスタートさせた。同路線では2001年から「エクスプレス予約」というネット予約サービスがあり、出張の多いビジネスパーソンを中心に利用されている。新たに立ち上がったスマートEXは誰向けのサービスなのだろうか。

 スマートEXの最大の特徴は、年会費が不要という点だ。手持ちのクレジットカード番号と、Suica、TOICAなどの交通系ICカードの番号を登録するだけで利用できる。料金はクレジットカードで決済され、自動改札機にICカードをかざすだけの手軽さが売りだ。

スマートEXの会員登録画面。クレジットカードはVisa、Mastercard、JCB、AMEX、ダイナースクラブに対応。交通系ICカードは全国相互利用が可能な10種類が使える
[画像のクリックで拡大表示]

 従来のエクスプレス予約は、JR東海の「JR東海エクスプレス・カード」かJR西日本の「J-WESTカード」、あるいはJR東日本の「ビューカード」のいずれかに入会する必要があり、年会費が1080円(税込み、以下同)かかっていた(ビューカードはモバイルSuicaに入会し、かつ「ビュー・エクスプレス特約」への申し込みが必要)。2012年には主要なクレジットカード会社発行のカードで利用できる「プラスEX」も始まったが、やはり540円の年会費が必要だった(9月2日から「エクスプレス予約(プラスEX会員)」となり、年会費が1080円に改定)。このため、指定席に占めるエクスプレス予約・プラスEXの利用率は3割程度にとどまっているという。

スマートEXの場合、かざすICカードは交通系ICカードでOK。従来のエクスプレス予約は専用のICカードが必要だった
[画像のクリックで拡大表示]
予約した列車名や号車、座席番号が表示された「ご利用票」が改札機から出てくるので受け取る。これはエクスプレス予約と変わらない
[画像のクリックで拡大表示]

 読者の中には、すでに年会費がかからないネット予約で東海道・山陽新幹線に乗っている、という人もいるかもしれない。首都圏では「えきねっと」、関西圏以西では「e5489」が利用できるからだ。ただ、前者はJR東日本、後者はJR西日本が展開するサービスで、JR東海が運営する東海道新幹線の各駅では切符の受け取りができない。そのため、「えきねっとで往復を予約していたのに、関西で帰りの分を受け取れずに青ざめた」という話を記者もよく聞いた。スマートEXはJR東海が運営しているし、そもそもチケットレスなので、そういった“悲劇”は起きない。

えきねっとで予約すると、受け取れる駅に関する注意喚起の画面が最初に出てくる。首都圏以西で受け取れる駅はほぼ皆無だ
[画像のクリックで拡大表示]