2017年10月に配信を開始した『ディズニー ツムツムランド』が好調なコロプラ。同社の森先一哲取締役は2018年1月にCOOに就任し、オリジナルゲームだけでなく、他社IP(キャラクターなどの知的財産)もこれまで以上に活用しながらラインアップの拡充を図ろうとしている。さらに大規模な組織改革を実施し、社内人材の流動性を高めることで開発力の強化にも拍車が掛かる。その成果が少しずつ出始めているようだ。
(聞き手/酒井康治、写真/中島正之)

●森先一哲(もりさき・かずのり):コロプラ取締役 COO。コンシューマゲーム業界でデザイナーおよびディレクターとしてさまざまなゲーム開発に携わったのち、2012年3月にコロプラに入社。同年10月にKuma the Bear開発部長に就任し、『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』『白猫プロジェクト』といったスマートフォンアプリのヒットに貢献。2014年12月に取締役に就任(現任)後、2018年1月にCOOに就任。
[画像のクリックで拡大表示]