テレビアニメ、ゲーム、ライブエンターテインメントなどのクロスメディアプロジェクトを得意とするブシロード。2017年は、『BanG Dream!(バンドリ!)』のヒットに続き、新プロジェクト『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』もスタートした。また、創業者であり、これまで社長を務めてきた木谷高明氏が社長の座を退き、代わって橋本義賢氏が就任。次々と新たな形のエンターテインメントを投入する同社の取り組みについて、2人に話を聞いた。
(聞き手/秦和俊、写真/稲垣純也)

[画像のクリックで拡大表示]

 ●木谷高明(きだに・たかあき、写真右): ブシロード取締役。1960年石川県生まれ。大学を卒業後、山一證券勤務を経て、1994年にブロッコリーを設立。2001年にJASDAQ上場を果たす。2007年ブロッコリーを退社し、ブシロードを設立、代表取締役社長に就任。2014年からBushiroad South East Asia(現・Bushiroad International)のCEOを兼任し、シンガポールに駐在した。2017年10月に代表取締役を辞任、デジタルコンテンツ事業および広報宣伝を管掌する取締役、子会社・ブシロードミュージックの代表取締役社長を兼任し、コンテンツ開発の最前線に立つ。2018年3月末シンガポールより帰国予定。

 ●橋本義賢(はしもと・よしたか、写真左): ブシロード代表取締役社長。1964年栃木県生まれ。大学を卒業後、日本IBMを経て、1995年にコスパを設立。2006年にはタブリエ・コミュニケーションズ(現・コスパグループホールディングス)の代表取締役社長に就任。2012年1月からブシロード顧問、2015年9月より同社取締役に就任し、経営企画部門及び海外事業の一部を管掌した。2017年10月に同社の代表取締役社長就任。