スタンフォード大学が立ち上げた「Imagenet」主催のコンピューターによる画像認識の精度を競う国際コンテスト。2012年に認識の手法としてGPUディープラーニングが初めて使用されたことで、画像認識のエラー率が2011年に比べ一気に10ポイントも下がった

記事へ戻る(ページを閉じる)

Amazon EchoやGoogle Homeといった音声認識を使ったサービスを実現するディープラーニング。深層学習とも呼ばれ、コンピューターが「入力されたデータを自力で分析、処理」するというものだ。