ディープラーニングでは人間の脳を模倣した「ニューラルネットワーク」に大量の教師データを与え、その特徴を自動獲得させる。例えば顔認識ならば、ニューラルネットワークに学習用の顔データを与えると、その中から「目」や「鼻」など顔に含まれる特徴を獲得していく。最終的にはどのような顔に対しても識別可能なニューラルネットワークになるわけだ

記事へ戻る(ページを閉じる)

Amazon EchoやGoogle Homeといった音声認識を使ったサービスを実現するディープラーニング。深層学習とも呼ばれ、コンピューターが「入力されたデータを自力で分析、処理」するというものだ。