ソニー、AOL、ディズニー、アップル……国内外の名だたる企業で経営の最前線に立ってきた前刀禎明氏。「日本企業は製品を売るのが下手」と言いきる前刀氏が、自らの豊富な経験と独自の目線で話題のプロダクツ、サービスを切る。「その売り文句は正しいのか?」「製品の魅力を正しく伝えているのか?」「ユーザーは真の価値に気づいているのか?」。企業のマーケッターやブランド戦略マネジャーにはマーケティングの新たな視点を、ユーザーには商品選びの新たな基準を提案する。


前刀 禎明(さきとう よしあき)
前刀 禎明(さきとう よしあき) ソニー、ベイン・アンド・カンパニー、ウォルト・ディズニー、AOLなどを経て、2004年、アップル米国本社マーケティング担当バイス・プレジデント(副社長)兼 日本法人代表取締役に就任。日本独自のマーケティング手法でiPod miniを大ヒットに導き、スティーブ・ジョブズ氏に託された日本市場でアップルを復活させた。米国本社で行われるジョブズ氏主催のエグゼクティブ・ミーティングに参加した唯一の日本人でもある。2007年、リアルディアを設立。創造的知性を磨くセルフ・イノベーション実践プログラムや五感ワークショップの提供、感性アプリの開発を手がけている。著書に『僕は、だれの真似もしない』(アスコム)などがある。
【Instagram】 yoshiaki_sakito
【Facebook】 www.facebook.com/100014069550805
【NewsPicks】 newspicks.com/user/1953823/