ソニーやディズニー、AOLなどを経て、アップル米国本社マーケティング担当バイス・プレジデント(副社長)兼 日本法人代表取締役を務めた前刀禎明氏が、最近日本の家電に元気がない理由を指摘する。

 今回は、「家電」というものを今、どう作るべきか、消費者はどう評価して買うべきなのか、改めて考えてみたいと思います。2000年ごろまでは、テレビが薄くなったり、家庭で手軽に編集ができるHDDレコーダーが登場したり、家電はまだまだ新しい機能、新しい価値を打ち出していました。ところが2010年代になると、技術がどれも頭打ちになり、革新的な製品は生まれにくくなりました。メーカーは性能競争、機能競争に終始するようになります。

 製品を購入してもらうには、消費者を感動させることが重要です。そして、新機能や高性能で感動が得られにくくなった今こそ、作り手はいかにして感動を生む製品を送り出すのか、考える必要があります。また、使い手にも、メーカーの性能競争に踊らされることなく、自分のニーズや感性にフィットする製品を選んで、豊かな生活を送ってもらいたい。そうすることが、自身の創造的知性を磨くことにもなるはずなんです。

前刀禎明氏
[画像のクリックで拡大表示]

何をする製品なのか、シンプルに考える

 そのために、メーカーには第一に使用目的を突きつめてほしいと思います。そもそも何をするために使う製品なのか、その本質からブレずにものづくりをしてほしい。無益な多機能化は避けてもらいたいのです。

 近年、どの製品も多機能化が進んできましたが、実際に使っている機能はわずかだったりしませんか。テレビやレコーダーのリモコンなんか、ボタンがたくさん並んでいるけど、新しいものに買い替えて捨てるときまで、ただの一度も押さないボタンがいくつもありますよね。

 洗濯機と乾燥機が一体化したときは、みんな喜んだはずです。設置スペースが小さくなるし、一つの装置で乾燥までできるのは便利です。レンジとトースターとオーブンを一体化した製品なんかも、省スペースという意味で有効でしょう。

 しかし、例えば掃除機と空気清浄機の一体化はどうか。いくら清浄な空気だと言われても、掃除機から出てくる空気を吸いたい気分になるのかどうか。実は、僕の近くには、これで失敗した人がいるんですよ。炊飯器でいろんなおかずが作れる機器も同様です。おかずを炊飯器で作って、ごはんをレトルトパックで間に合わせていたら本末転倒ですよね。

 “あってもいい”程度の付加機能をいくつ増やしてみても、それは製品の価値を高めることや、使う人に感動をもたらすことには直結しません。それよりも、最初に定めた使用目的のためのシンプルな機能に絞って、その機能自体や使い勝手を磨いて、ユーザーの満足度を高めるべきだろうと思います。炊飯器なら、いつも最高のごはんが炊けるとか、メンテナンスの手間がかからないとか、本来の機能や使い勝手を向上させることがまずは大切です。