かつてアップル米国本社マーケティング担当バイス・プレジデント(副社長)兼 日本法人代表取締役を務めた前刀禎明氏が、マーケティングやブランディングという視点から今注目している企業は米アマゾン。ただし、「ブランド戦略はないと思う」という。前刀氏が感じるアマゾンブランドの強さとは?

 今回は、僕がここ最近で最もマーケティング、ブランディングに成功していると感じる会社を取り上げます。 米アマゾンです。ベゾス(共同創業者でCEOのJeffrey Preston Bezos氏)の卓越したリーダーシップや発想力については語り尽くされていると思うので、ここでは置いておいて、僕が思うアマゾンが優れているポイントを語りたいと思います。

 端的に言うと、アマゾンの強みは3つ。1つ目は物流を自ら仕切っていること。2つ目は目的視点での製品の開発力。3つ目は「超」が付く生活密着です。

 1つ目の物流についてですが、あれほどの物流システムを自前で持つという発想がまずすごいと思います。日本に最初の物流センターを建てたころは、日本の企業関係者には「何を血迷って」という冷ややかな視線を向ける人も多かったのです。確かにそういった人たちの想像を超えた、過大とも思える設備投資でした。でも今では、商品によっては注文したその日のうちに届くシステムを実現し、ユーザーに大いに歓迎されています。

 いまや国内に10数カ所の物流センターがあり、特定のサービス向けの物流倉庫も数多く建ちました。飛行船とドローンを使った配送システムも構想しているのだとか。SF漫画のような話ですが、あの会社なら本当にやるのかもしれない。ユーザーの喜ぶことなら、突飛に見えても脈絡がないようでも追求する。それがアマゾンです。

Amazon 川崎 FC(フルフィルメントセンター)では「Amazon Robotics(アマゾン ロボティクス)」を導入
[画像のクリックで拡大表示]
「Amazon Robotics」では自走式ロボットが棚入れや棚出しなどの作業をする
[画像のクリックで拡大表示]