これまで、この連載では僕がかつて働いていたソニーやアップルの話を中心に、最近の製品やそのプレゼンの仕方に対して感じている疑問を話してきました。

【この連載内の関連記事】
ジョブズは「日本をなんとかしてくれ」と僕に言った
手元までこだわれるか 革新性はソニーの“宿命”だ 
アップルのプレゼンが物足りない まずは感動を示せ
アップル本社元副社長が感じる「iPhone X」の寂しさ

 今回は改めて、メーカーが今、どんなモノづくり、どんなマーケティングをするべきなのか、僕の考えをまとめておきたいと思います。製品の企画や発表に関する話が中心になりますが、経営幹部に限らず、若手や中堅の会社員の方にも参考にしてもらえる部分がきっとあるはずです。

前刀禎明氏
[画像のクリックで拡大表示]

最先端技術はどんな価値を生むかが大切

 2004年、「iMac G5」が日本に投入されるとき、僕がフィル(現・米アップルマーケティング担当上級副社長のフィリップ・シラー氏)に「今度のウリは何?」と聞いたら、「G5(CPU「PowerPC G5」)を搭載していることだよ!」という答えが返ってきました。そういうことじゃないんだけどな……と思ったのを覚えています。

 ソニーにしてもアップルにしても、自社の技術や製品には自信と誇りを持っています。最先端の技術を搭載した自信作なら、そのことを宣伝したくなる気持ちはよく分かります。でも、実際に感動を生む、人にその感動を伝えるというときには、そこをぐっと抑えて客観視することが肝要。自慢の最先端技術が具体的にどんな価値を生み出しているのか、使い手の目線でものを言うことが大切です。

 技術自慢と併せて、最近よく見かけるのが関係者自慢。発表会に社内外の関係者が入れ代わり立ち代わり登壇する、あのやり方です。あれもユーザー視点、客観性が欠けているように感じます。こんなに素晴らしい力を結集して作った製品だ、と言いたいのだと思いますが、それはメーカーの自己満足であって、ユーザーの感動や満足に直接つながるものではありません。