かつてアップル米国本社マーケティング担当バイス・プレジデント(副社長)兼 日本法人代表取締役を務めた前刀禎明氏は、「iPhone X」をどう評価するのか。前刀氏が感じる新iPhoneの“寂しさ”とは?

前刀禎明氏。手には現在愛用中のiPhone 7
[画像のクリックで拡大表示]

 アップルが現地時間2017年9月12日、スマートフォン「iPhone」シリーズの最新機種「iPhone X」を発表しました。アップルが大好きな僕にとって待ちに待った発表でしたが、満足のいく点もあれば物足りない点もありました。

 発表を見て、僕がまず思ったことは「モノとしてとても良さそうだ」ということです。筐体表面の質感など、仕上げの品質は満足できそうに見えます。アップルもiPhoneのフラグシップ機ということで、ハードウエアとして品質の上では申し分ないものを作ってきたでしょうし、個人的な好みも含めて、この手に持ちたい製品になっています。先に個人的な結論を言うと、僕はこの製品を買うでしょう(笑)。

 初代iPhoneやiPhone 4Sは、持ったときに感触から伝わってくる質感の良さや、しっくりくる感じが素晴らしかった。その満足感があったから、使っているうちにどんどん愛着が増していきました。iPhone Xを手にした時にも、そんな感動があるとうれしいですね。

作り手の自己満足が先に立ってない?

 ただ、不満も多々あります。全面ディスプレーをうたうわりに、上部にはカメラやセンサーを収めた部分の切り欠きがあります。これがデザインとして良くない。画面の表示が、そこだけ凹んだように欠けるのも嫌ですね。

 また、切り欠きの右隣に並ぶ電池残量などのステータスアイコンも、配置が不格好。カメラを設置するために仕方がないのでしょうが、これなら全面ディスプレーにこだわらず、上部だけ細いフチを作ってもよかったし、切り欠きの左右だけ、ステータス表示部として常に決まった背景色を表示するような制御でもよかったのではないでしょうか。

「iPhone X」は画面上部が欠けるのが不満。アイコンの配置もバランスが悪く感じる
[画像のクリックで拡大表示]

 それから、背面のカメラ。厚さ7.7mmの筐体にカメラが収まらないので、カメラ部だけ突出しています。背面がフラットじゃないのが、なんとも気持ち悪いんですよね。これとディスプレーの切り欠きは同じ問題に起因していると思います。「ベゼルレス(フチなし)」「フルスクリーン」と言いたいがため、「(筐体が)薄い」と言いたいがための不自然で気持ちよくないデザイン。要は、作り手の自己満足が先に立って、ユーザーの感動に向けた設計になっていないのだと思います。

iPhone Xでもカメラは出っ張っている
[画像のクリックで拡大表示]

 本人認証機能を指紋認証(Touch ID)から顔認証(Face ID)へ切り替えましたが、これも今ひとつ。これによって誤認証の可能性が「5万回に1回」から「100万回に1回」に減らせるといいますが、これもスペックにとらわれた話のように思います。一般的なユーザーの感覚では5万回に1回レベルで十分。新機能ではあるけど、ユーザーにとって新しい価値を生んだとは思えないのです。

 顔認証機能を搭載するなら、例えば、アプリの起動などにも使えるようにしてほしかった。ユーザーがモーションをいくつか登録しておいて、右目でウィンクしたらメーラーが立ち上がるとか。視線追跡機能を搭載できれば、なおいいですよ。視線の動かし方で各種操作ができるようになれば便利だし、手動や音声での入力が難しいような障害を持つ人にも、使いやすくなるはずです。社会に新しい価値を提供できるでしょう。次期iPadには、ぜひ搭載してほしい機能ですね。