製品をユーザーに浸透させていくために大切な要素の一つとして前刀禎明氏が挙げるのが「デザイン」だ。“ユーザーにとって価値あるデザイン”とは何か。アップル、ディズニー、AOLと海外メーカーでキャリアを積んだ前刀氏が語る。

 前回は米グーグルを中心に取り上げ、同社のスマートスピーカー「Google Home」と米アマゾン・ドットコムの「Amazon Echo」のデザイン(意匠)にも少し触れました(関連記事:元アップル本社副社長が見る グーグルは何がすごいか)。ここで一度、家電やデジタルガジェットの製品デザインについて僕なりに考えをまとめてみたいと思います。僕はデザイナーではないので、専門的なところに入り込まず、“ユーザーにとって価値あるデザイン”についてお話しします。

 前回、Google HomeのほうがAmazon Echoよりデザインが優れているという私見を述べましたが、それはロゴの掲出のしかたによるところが大きいです。知人にAmazon Echoを購入した人がいますが、「Amazon」のロゴが入った筐体正面を壁側に向けて使っていると言っていました(笑)。彼は購入者ですから、製品に肯定的な評価をしているはずですが、それでもあのロゴはいただけないというわけです。

Google Homeは製品の裏側に「G」と入っているだけ。色も薄く、あまり目立たない
[画像のクリックで拡大表示]
Amazon Echoは製品の下部正面にしっかりとアマゾンのロゴが入っている
[画像のクリックで拡大表示]
前刀禎明氏
[画像のクリックで拡大表示]

 Amazon Echoに限らず、メーカーは一度、企業やブランドのロゴを製品に入れる必要があるのかをじっくりと考えるべきではないかと僕は思っています。そもそも、ロゴを入れる意味は何でしょうか。その製品がどのメーカー製であるか、ロゴによって伝わったとして、残念ながらそれがユーザーの心にプラスには働くケースは少ない気がします。デジタル製品に関していえば最近は、誰もが無条件に憧れて、ぜひ所有したいと思うような強いブランドがほぼ不在だからです。

 例えば、テレビやHDDレコーダーなんかは、筐体前面にロゴがあると僕はうるさく感じます。必ずしも同じメーカーの製品を組み合わせるわけではないから、テレビのロゴとレコーダーのロゴがバラバラだったりして、なんとなく気持ちが悪い。そんなことなら、「当社製品はロゴなしデザインなので、どのメーカーの製品と組み合わせても見た目に違和感が少ないです」としたほうが、ユーザーに歓迎されると思いませんか。メーカーは自己主張よりも、生活の場に溶け込むということを意識すべきだと思います。