「今の世の中の閉塞感は、みんなが『こうでなきゃいけない』という価値観にしばられて、多様性を失っているから。自分で考えて選べる人になろう」という前刀禎明氏。ただ、どうすればそんな人になれるのかはなかなか分からない。「創造的知性が大事と言いっぱなしで、方法を伝えないのはダメだよね(笑)」ということで、自分でアプリを開発したのだという。

 前回、自分で考えて選択する力を身に付けようという話をしました。これは、言い換えれば、論理的な思考(Logical Thinking)や創造的な思考(Creative Thinking)を超えた創造的知性(Creative Intelligence)を身に付けようということです。スティーブ・ジョブズはこの能力がとても高い人間でした。

創造的知性は5つの要素でできている

 では、創造的知性というのは何なのか。創造的知性は、5つの要素で構成されています。観察力、質問力、実験力、相談力、そして関連づける力の5つ。もう少しかみくだいて言えば、まず、物事を先入観や思い込みから自由になってよく観る。それから、もしこうだったらどうなるんだろう、などと自問自答する。さらに仮説を立てて、それが正しいかどうか試してみる。自分で一通りやったら今度は人に相談する。そして、これまでのプロセスで得られた知見を関連づけて考える。この5つのプロセスで培われるのが創造的知性です。

創造的知性の要素となる5つの力を身に付ける方法はないか、と考えて、アプリにたどり着いた
[画像のクリックで拡大表示]

 創造的知性については、僕に限らず、いろんな人がビジネス系の講演などで話をしていると思います。でも、どうやって身に付けたらいいのか、その方法はあまり語られていません。方法論も提示せず、ただ「身に付けろ」というのも乱暴なので(笑)、僕は創造的知性を磨く手助けになるようなアプリを開発しました。

 アプリの名前は「DEARWONDER」。パズル・ゲームに近い遊びなんですが、「ゲーム」という言葉で固定観念を植え付けてしまいたくないので、あえてそうは呼ばないことにします。仮に「ひらめき創造アプリ」とでも呼んでおきましょうか。僕は「自己啓発」というものに、どうもうさん臭いなという印象を持っているので、その臭いがしないことを願いつつ(笑)。

 このアプリでは、「グラウンド」(床)のボールを転がして、ゴールへ到達させて遊びます。ゴールまでに障害となる「オブジェクト」がいろいろと置いてあるのですが、ボールやオブジェクトは上からしか見られません。オブジェクトに当たる光の角度や影から、その形状を立体的に想像し、避けたり乗り越えたりくぐったりしてゴールにたどり着きます。

画面上にあるボールを画面下にある丸いゴールまで転がす。中央に障害物(オブジェクト)が並んでいる。画面は一番シンプルな問題
[画像のクリックで拡大表示]

 DEARWONDERをプレーする中で、前述した5つの要素が求められる仕組みになっています。例えば、オブジェクトは真上から見ると、円柱も円錐も円に見えたりします。でも、影の形をよく「観察」すれば、立体の本当の形状は推し測れますよね。

 普段の生活でも、思い込みを捨て、物事をいろいろな角度から観察したり想像したりすることは大切です。「このプロジェクトの課題はなんだろう」「解決策はこれだけか」「別の見方もあるんじゃないか」。そういった体験をアプリの中に置き換えたのがDEARWONDERなのです。

クリアすると、自分が通った軌跡を確認できる
[画像のクリックで拡大表示]
画面の角度を変えて、問題の全体を見ることもできる。真上から見ていると分かりにくいオブジェクトの形も横から見てみると一目瞭然。どこを通れるのか簡単に分かる
[画像のクリックで拡大表示]

 「平らに見えていたけど実はここが坂になっているんじゃないか」とか「画面の下から上へボールを進ませることばかり考えていたけど、こっちから回り込めそうだ」とか、画面から情報を見てとって、ボールを動かしてみる。これは先入観を捨て、仮説検証したり実験したりするプロセスです。ビジネスのアイデアを生み出すのに「仮説検証が大事」とはよく聞くけど、実際にはその機会になかなか恵まれない人が多いと思います。アプリで日常的に実践しておけば、いざというときに機会を逃さないし、機会自体も増やせるんじゃないでしょうか。