過去2回のこの連載で、「日本の電子機器メーカーは海外企業の下請けになってしまうんじゃないか」という危機感を指摘し、日本メーカーがプラットフォームビジネスを生み出せずにいる理由や打開の道を考察した前刀禎明氏。今回は逆に、プラットフォームづくりで成功している企業はなぜそれが可能だったのか、米グーグルを例に解説する。

【過去2回の記事】
日本メーカーは下請けになるのか 足りぬ集団の創造性
日本メーカーの下請け化は“ものづくり神話”が原因

 グーグルが何の会社なのか、聞かれてすぐに答えられる人はいるでしょうか? ひと昔前なら“検索エンジンの会社”として認識されていたと思います。ですが、今は、スマートフォン向けにAndroid OSを提供し、GmailやGoogleフォトなどのクラウドサービス、Google Play Musicや傘下のYouTubeによるコンテンツ配信サービスもごく一般的になっています。最近ではAI(人工知能)やロボット関連の企業を次々に買収しているし、スマートスピーカー「Google Home」やWi-Fiルーター「Google Wifi」など、ハードウエアまで手がけ始めました。もはや誰も検索エンジンの会社だとは思っていないでしょう。

(画像提供:グーグル)
[画像のクリックで拡大表示]

 グーグルが自社開発し、スマートフォンやスマートスピーカーで使用されている音声アシスタントは「Google Assistant」という名称ですが、これが同社の今のビジネスそのものを表している気がします。生活のすべてをグーグルがアシストする。グーグルの力で、生活をよりシンプルに、快適にする。グーグルの事業目的はそこにあるように見えます。だから、ハード、ソフト、通信インフラなどの区別なく、生活に近い部分から、どんどん手を付けていくわけです。

グーグルが発売したWi-Fiルーター「Google Wifi」
[画像のクリックで拡大表示]

 なぜこんな話から入ったのか。さまざまな会社を見るときに、こうして定義し直すのは大切なことです。いつまでも数年前の感覚で捉えていたのでは、会社や産業の将来像を見誤ります。例えばメーカー、製造業という産業自体も捉え方を変えていくべきです。これは自社の強みを考えるときも同じ。「うちはメーカーだから、どうもサービスは苦手で……」と言っていられる時代は、もはや過去になりました。