ソニー、ディズニー、AOL、アップル……国内外の名だたる企業で経営の最前線に立ってきた前刀禎明氏。今の日本に漂う閉塞感を打ち破るには「セルフイノベーションが必要」と考える。そのために前刀氏が今取り組んでいることの一つがInstagramやFacebook、NewsPicksなどを通じたメッセージの発信だ。短い文を添えた空の写真を毎日アップし、一部メディアで「意識高い系」とも言われたこのInstagramを始めた理由は何なのか。

 Instagram(以下、インスタ)への投稿を始めたのは2016年10月29日から。空の写真と短文というスタイルで、現在も続けています。インスタでメッセージを発信し始めたのは、読んでくれる人にふと立ち止まって、考えるきっかけになればなと思ったから。

前刀氏のInstagram。短いメッセージを添えた空の写真がずらっと並ぶ。若い人からコメントが付くことも増えたという。同じ内容はFacebookでも発信中。

[画像のクリックで拡大表示]
 

 講演などをしていると、来場者のみなさんから閉塞感を感じることがあるんです。それは、こうでなきゃいけないっていう画一的な価値観にしばられて、多様性がなくなっているからだと思います。何にでも細かく決まりがあって、その枠にはまらないと「自分はダメなやつだ」と萎縮してしまう。

みんな他の人と違う選択ができない

 例えば、家電量販店でよく売れる商品って、何だか分かりますか。実は「よく売れている商品」なんです。何を言っているんだと思われそうですが、店頭に貼りだされた売れ筋ランキングの商品がよく売れるんですね。

 お客さんは「これがいいかな」「こっちも悪くないな」って2つぐらいまで絞り込んで、そこでランキングを見たり、お店の人に聞いたりして、他の人が買っているものを知ります。で、最終的には、もともと悪くないと思っていて、かつ人気だと分かった商品のほうを買っていく。自分が直感的にいいなと思っても、人気がないと分かると選べなかったりするのです。だから、「よく売れている商品」がいっそう売れる。一方で、メーカーのほうも売れている製品と似たようなモノを作るようになるから、製品の評価基準が画一的になっていきます。

「念のために何かをする癖がつくと、どんどん決断力がなくなる。そのほうが楽だから」(前刀氏)。
[画像のクリックで拡大表示]
先がどうなるかばかりを心配して、自分で動けなくなる人は多いという。「未来は自分で創るもの。未来予測ではなく未来創造という意識を持ってほしい」(前刀氏)
[画像のクリックで拡大表示]

 こういうことが今、いろんなところで起きていると思います。2016年にあった三菱自動車工業の燃費不正問題だって、根っこは同じ。自動車メーカー各社が燃費の一点で過度な競争をくり広げて、結果、追い込まれて不正まで働くことになってしまった。燃費にばかりこだわらないで、車内の快適性や外観のかっこよさなど、他に特長を持ったクルマを考えればいいのに、独自の方向に舵を切れなかったせいで、ああいうことになったのだと思います。

 アップルがすごいのはこういうところです。かつてのMacはシステムエラーでそれまでの作業データが全部消し飛んで、バックアップも取れていなくて、なんてことが珍しくなかった。言ってみれば欠陥商品だったけど、それでも人々に愛されていました。デザインやスタイルなど、信頼性とはまったく別の基準を持ち込んで、それが支持されてきたわけです。

これこそが、前刀氏が伝えたいテーマだ。「自分の求めるもの、自分の選択基準を持てば決められる。他人の基準で選んだものは自分が本当に欲しいものではない」という
[画像のクリックで拡大表示]

 どうして、日本の企業はアップルになれないのか、思い切った決断ができないのか、なんていう話をよく聞きますが、僕に言わせればそれは当然です。会社員は新人の頃から、自分で決めるな、必ず持ち帰ってこい、ホウレンソウ(報告・連絡・相談)だって教え込まれているし、ちょっと年次が進んでも、上司の承認や社内の稟議などにしばられる環境はずっと続きます。偉くなったらなったで保身に動くので、何を選ぶのが正解か、必死で空気を読みますよね。自分で決める機会なんて、ほとんどない。訓練していなければ、選択や決断ができないのは当たり前です。