ソニーは2018年2月2日、社長交代人事を発表した。4月1日付で、吉田憲一郎副社長兼最高財務責任者(CFO)が社長兼最高経営責任者(CEO)に昇格、平井一夫現社長は取締役 会長となる。実は、前刀禎明氏はソニーで吉田氏と同期。前刀氏が、吉田氏とソニーに期待することとは?

 前回、新型aiboについての記事の終わりで、ソニーの社長交代のニュースに少し触れました(関連記事:新型aiboにも残る ソニーの一貫性とこだわりの欠如)。今回は改めて、4月1日付で社長兼最高経営責任者に就任する吉田憲一郎さんに期待することを、まとめておきたいと思います。

眉間のシワは深いけれどユニークな人

 ソニー社長交代に関する報道もほぼ一巡しました。報道では吉田さんは「番頭」「参謀」タイプと伝えられていて、眉間のシワはすっかりトレードマーク扱いになっています。ただ、僕は吉田さんとは同期(1983年入社)で、彼の人となりを多少知っていますが、普段の彼はどちらかといえば明るい人だし、発言もユニークです。華やかなことが好きな平井(一夫・現社長)さんとの比較で、実際よりも地味に見えているのかもしれません。

 ここ数年、年に1度は吉田さんを含めた同期4人で食事会をするのですが、そこで4人そろって変顔写真を撮ったりしています。まあ、僕がけしかけるのですが、吉田さんは率先して乗ってきますからね。また、友人がシェフをしているレストランで食事会をしたら、そのお店をいたく気に入って、その後、僕より頻繁に行くようになりました。これだと決めたらとことんやりぬくのが吉田さんらしい。近々、吉田さんをいつもの仲間で囲んで祝賀会をします。

 僕が新社長のイメージのことをわざわざ書くのは、ソニーには伝統的に「“ネアカ”な人物が社長になるべき」という考え方があるからです。社長自らが明るく振る舞って、社内に自由闊達なムードを広げていこうというような考え方。盛田昭夫さんがマネジメントの要諦の一つに「根が明るいこと」を挙げていたというのは、今もソニーの公式サイトに掲載されているぐらいで、とても有名な話です。

前刀禎明氏
[画像のクリックで拡大表示]

 それで言うと近年では、出井(伸之)さん、平井さんが“ネアカ”な人だったように思います。出井さんは『非連続の時代』という著書があるように、新味のある言葉を発信したり、「これからはエレキではなくネットの時代だ」と宣言したりして、人々の目を引くことが得意な人でした。高級AV機器「QUALIA(クオリア)」シリーズの開発を主導したのも出井さんですね。

 現社長の平井さんはソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)の出身。ミュージシャンの友人も多く、銀座ソニービルの一時閉館の際にはイベントを催して、東京スカパラダイスオーケストラの演奏に自らサックスで加わって盛り上げたりしていました。新製品発表や展示会などのイベントで「KANDO@ラストワンインチ」といったキャッチーな言葉を使ってプレゼンしていたのも、日本の大企業の経営者としては新鮮な姿だったと思います。

平井現社長は2017年5月の経営方針説明会で「KANDO@ラストワンインチ」をキーワードに挙げた
[画像のクリックで拡大表示]

 彼らに比べると、吉田さんは確かに、そこまで華のあるタイプではないかもしれません。それがかえってちょうどいいなと僕は感じています。というのは、平井さんの時代に業績は確かに回復しましたが、「感動企業」という標榜に対しては道半ばのように思えるからです。これまでもこの連載で繰り返し語ってきましたが、有機ELテレビのリモコン、ICレコーダーのディスプレー、aiboのアプリや充電器など、いまひとつこだわりきれなかった部分がある。僕はそこを吉田さんの内に秘めた情熱で突きつめて、平井さんが提唱したことを、ぜひ現実のものにしてほしいのです。