ソニーやウォルト・ディズニーなど、先進的な製品やサービスを世に送り出す企業を渡り歩き、アップルでは米国本社マーケティング担当バイス・プレジデント(副社長)を務めた前刀禎明氏。2018年が始まるにあたり、期待も込めて、今年の家電やデジタル機器の進化を予想する。前刀氏が注目するのはユーザーインタフェースだ。

 新しい年が始まりました。2018年の初回は、家電やデジタル機器が、今年はどんな進化を迎えるのか、予想してみましょう。「予想」と言いながら、半分以上は「期待」かもしれません。今は、さまざまな製品の市場が飽和状態ですが、一方で次世代製品に適用できる技術が出そろったタイミング。だからこそ、こんな革新性のある製品が出てきてもいいはず――そんな期待を語りたいと思います。

前刀禎明氏
[画像のクリックで拡大表示]

時満ちてUI革命待ったなし

 まず、注目したいのが、ユーザーインタフェース(UI)の革新です。話題のスマートスピーカー群では音声入力が中心になっていますが、他の機器でも新しいUIが取り入れられていくはずです。例えばキッチン家電やテレビなど、何かと同時進行で使うタイプの機器が音声入力に対応すると、ぐっと便利になりそうです。

 身振り手振りで操作するジェスチャー入力の機器も、そろそろ一般化してもおかしくありません。ウインクでアプリが立ち上がるスマートフォンや手を振ると電源がオンになるテレビなど、技術的には今すぐにでも実現可能なはずです。スマートフォンやテレビなど、使用時の機器と人の物理的距離が近い製品ならば、ジェスチャー入力を採用しても誤認識や誤動作も少なく、快適に使えるだろうと思います。

 音声やジェスチャーによる操作が一般化すると、ボタンをぐっと減らしてシンプルなデザインにした機器が出てくるのではないでしょうか。例えば、皆さんのパソコンのデスクトップ画面やスマートフォンのホーム画面を思い出してください。アイコンがずらずら並んでいますね。そして、そのアイコンの一つひとつに文字でアプリや機能の名前が書いてあったりする。デザインにこだわりを持つアップルでさえ、iPhoneのホーム画面のごちゃついた感じはいまだ刷新できていません。

「iPhoneはそろそろインターフェースを根本的に見直すべき時期に来ている」と前刀氏
[画像のクリックで拡大表示]

 そもそも、文字に代わって直感的に意味を伝えるためにあるはずのアイコンに、文字で説明をつけてしまうのはいかがなものでしょうか。メーカー側に「文字で書かないと何を表すのか分からない(人が多い)」という思い込みがある気がします。

 新しいUIに必要な技術はもうそろっています。センサーしかり、画像や音声を処理する半導体しかり。音声で話しかけたり、身振り手振りで合図したりといった操作方法が定着していけば、ボタンやアイコンのデザインも改良されていくでしょう。あとは作り手が一歩踏み出すだけです。

 昨年、永世七冠を達成した棋士の羽生善治さんが40代後半になった今の強みを聞かれて「無駄なことは考えずに、引き算で考えられる力」というようなことを言っていました。ものづくりも、引き算で考えたいところです。不要なものは除いたり、新しい技術に置き換えたりすることで、これまでと比べて少し性能がアップしたとかそんなレベルの変化ではない、圧倒的に使い心地のいい製品が生まれるはずです。

日本が誇る革新的な製品「ウォークマン」は、カセットレコーダーからスピーカーと録音機能をなくして開発されましたからね。そして時をへて、スティーブ・ジョブズが「21世紀のウォークマン」と例えた「iPod」が生まれました。