PIXTA

 最近話題のキーワードの一つ「働き方改革」。これを進めるには、どこでも仕事ができて効率向上につながるモバイルノート選びがとても重要になる。パソコンメーカー各社も商機と見ており、今春は各社からモバイルノートの新製品が相次いで発売されて、大豊作と言える状況。ディスプレーのフレームを狭くして画面の表示部分を大きく取る狭額縁デザインがトレンドだ。

  常に持ち歩くことを想定して選ぶなら、今は4つのポイントで選ぶべき。持ち歩いても苦にならない「軽さ」、愛用のカバンに楽に収まる「コンパクトさ」、仕事を片付け終わるまで十分持つ「バッテリー駆動時間の長さ」、必要な周辺機器がつながる「拡張性」の4点だ。仕事を快適にこなせる処理性能が加われば鬼に金棒だ。

700~900g台のものを選ぶ

 持ち歩くのだから、軽い方がいいのは当たりまえ。しかしバッテリーは重いパーツなので、軽さを優先した製品はバッテリーを減らして駆動時間が短くなりがちだ。持ち歩き方と、駆動時間の長さやディスプレーの大きさとのバランスで考えよう。

 ビジネスバッグなどに入れて自分の足で歩き回ることが多いのなら、700~900g台前半の軽いものがいい。例えば、NECの2イン1ノート「LAVIE Hybrid ZERO HZ」13.3型シリーズ(実売価格17万7000円前後から)の最軽量モデルは769gと非常に軽い。

NECの2イン1ノート「LAVIE Hybrid ZERO HZ」シリーズ13.3型モデル。13.3型では一番軽い
[画像のクリックで拡大表示]

 富士通の13.3型モバイルノート「FMV LIFEBOOK UH」シリーズ(実売価格19万9500円前後から)も軽さが特徴だ。U75/B1は777gで8.3時間駆動で軽さ重視のモデル。U90/B1は駆動時間重視の上位モデルで、913gで17時間駆動と、軽さと駆動時間のバランスがいい。

富士通「FMV LIFEBOOK UH」シリーズ。2イン1ではなく、オーソドックスなモバイルノートだ
[画像のクリックで拡大表示]

 持ち歩く時間が短いのなら1kg前後のものでも気にならない。持ち歩く時間がさらに短いか、車や電車で移動することが多いのなら1.3kgクラスの重めの製品でも問題ないだろう。

カバンに入る平面サイズで選ぶ

 モバイルノートを持ち歩くときは、ビジネスバッグなどに入れるだろう。ここで大事なのは幅×奥行きの平面サイズだ。自分のカバンに入らないサイズは論外だし、入るとしてもカバンにひっかかるようなギリギリのサイズだと出し入れしにくくて不便だ。薄さを売りにしているモバイルノートもあるが、カバンに入れれば数mmの違いなど分からない。本当に重要なのは薄さではなく、軽さと平面サイズのコンパクトさだ。

 ここで注目したいのが、最近のパソコンのトレンドである“狭額縁デザイン”だ。液晶ディスプレー周囲を囲むフレームを細く(狭く)することで、画面サイズはそのままで平面サイズが小さくなった。