最近、「格安スマホ」「格安SIM」の話題に触れる機会が増えている。「格安SIMや格安スマホを使えば、ドコモやau、ソフトバンクよりも月々の通信料金は安くなる」という認識は広がっているだろう。だが「乗り換えたいけれど、最初の一歩を踏み出せずにいる」というスマホユーザーは多いのではなかろうか。

 そこで日経トレンディネットでは、格安スマホに乗り換えたいユーザーのための座談会を開催した。通信費が月1万円以上の男女3人に対して、格安スマホジャーナリストの松村武宏氏が、通信費を安くする方法や格安スマホのデメリット、iPhoneからの乗り換え方法などを詳しく解説した。

 安心して格安スマホに乗り換えられるよう、ビギナーが抱える疑問点に答える内容を5回シリーズでお伝えする。

今回の座談会は、東京・有楽町のお好み焼き・鉄板焼き店「88(パチパチ)」で実施した。同店の名物メニューは豚・ジャガイモ・油カス・エビなどが入った「パチパチ焼」だ
専門家である格安スマホジャーナリストの松村武宏氏。定期的に格安SIMの主要サービス通信速度を測定している

「2人で月1万8000円、これって損してます?」

 まず「通信料金を安くしたい」と願う相談者3人の現状を把握するため、普段どんな使い方をしているのか、料金はいくらなのか、それぞれのスマホ事情をヒアリングし、松村武宏氏に診断してもらった。

━━本日はお集まりいただき、ありがとうございます。皆さんの通信費とお使いのスマホ、スマホをどのように使っているのか教えてください。

晋平さん(仮名)。大手キャリアのiPhone 6を使用。SNSやメール、YouTubeを少々使うが、通話はほとんどしない。ライカレンズを搭載したファーウェイのスマホに関心あり

晋平さん(以下、晋平):  大手キャリアのiPhone 6を使っています。嫁もiPhoneを使っていまして、料金は二人合わせて月1万8000円くらいです。多い月は2万円を超えることもあります。

松村武宏氏(以下、松村):  動画をたくさん見ますか?

晋平: いや、それほどでも。FacebookとかYouTubeとかひと通り使ってますけど、そんなにたくさんは使っていないと思います。

松村: 料金の明細を見せてもらってもいいですか。晋平さんは何分話しても通話料が定額の4200円の基本プランに入っていますが、2年縛りの契約で月1500円引きになっていますね。それプラス月5GBのデータパック(5000円)ですね。

 奥さまの基本料は、晋平さんより安いプラン(934円)でデータは7GB(5700円)まで。端末補償などのオプションを含めると、お二人で1万8000円になると。

晋平: これって、損してます?

松村: 実際に使用しているデータ量はプランの範囲内ですし、ご夫婦とも適したプランを使っていると思いますよ。大手キャリアのなかでは……。

晋平: 僕が入っている通信会社の料金が高いということでしょうか?

松村: 大手キャリアと呼ばれているドコモ、au、ソフトバンクの料金はほぼ横並びです。ですが、格安スマホに乗り換えるならば、ご夫婦で月5000円ずつは安くなりますよ。

晋平: えっ! そんなに安くなるんですか? でも、乗り換えると、今まで使っていた大手キャリアのメールアドレス(メアド)が使えなくなってしまうんですよね? いろいろなサービスのログインIDを、このメアドにしているので、変えるのが面倒なんですよね。

松村: ログイン用のメールアドレスは、Gmailなど、iPhoneでもAndroidでも使えるメアドに登録し直しておくと、乗り換えるときに気にしなくていいので楽ですよ。