Nintendo Switchの対応ソフトを制作中

――据え置き機としても携帯ゲーム機としても遊べる「Nintendo Switch」が3月に発売になりました。

日野:  Switch、いいと思いますね。『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』がめちゃくちゃ面白くて。やばいなっていうくらい(笑)。実は自分でSwitchで遊んでみて、開発段階のときとすごく印象が変わったんです。家の外と中で一緒に遊ぶスタイルってどうなのかなと思っていたのですが、相当可能性があると感じています。

 まず『ゼルダ』がやたら面白いので、僕自身持ち歩いて飛行機の中でも一生懸命プレーしています。任天堂さんにもらった本体は、コントローラーに赤と青の色が付いているモデルだったのですが、あまりに頻繁に持ち歩いていると周りの目が気になり始めて、周辺機器としても発売している黒のコントローラーを自分で買って増設しました(笑)。

 このSwitchのスタイルは対戦型のゲームにすごくフィットしていると思います。実際に集まっても遊べるし、オンラインでもプレーできる。例えば、会社内のゲーム好きで集まって『マリオカート』をやるとか、すごく魅力的で楽しそうだなと思うんですよね。うちでも、まだ内容は言えませんが、対応ソフトを作っています。

――対戦型のゲームと言えばe-Sportsが注目を集めています。

日野:  e-Sportsに関しては、ゲーム業界全体としてこれから積極的に取り組んで良いのではと思うんです。例えば『スプラトゥーン』みたいなゲームが出てくると、上手なプレーヤーの格が上がるというか、ゲームがうまい人を尊敬するということがあり得るんだろうなと思います。e-Sports的なイベントを通じて尊敬されるプレーヤーが出てくることで、ゲームをするということ自体にメジャー感が出てくる。それがゲームの地位の向上にもなるかなと。

 ただ、どういうゲームを扱うかはちょっと何か考えなきゃいけないですけどね。特定のゲームだけがe-Sportsの対象ソフトとして認められるということで良いのか。

――確かにそれでは各メーカーの我田引水になってしまい、盛り上がりに水を差すことになるかもしれません。

日野:  だからe-Sportsも、例えば1つのゲームだけで競い合う大会じゃなくて、さまざまなジャンルのゲームで選手を総合評価するみたいな形があってもいいかもしれません。「この人は『スプラトゥーン』で強いだけじゃなくて、パズルゲームの謎解きも早いんだよ」と。そういういろいろなゲームで評価されるような、プレーヤーステータスのようなものがあると面白いと思います。PlayStation 4に「トロフィー」(ゲーム内で一定条件を満たせば獲得できる。PS3やPS Vitaにも同サービスがある)機能がありますが、あれをモチベーションにしている人っていると思うんですよね。

――最後に改めて2017年はレベルファイブにとってどのような年になりそうですか。

日野:  2017年は、『スナックワールド』をはじめとして、新しいものが目白押しになりそうですので、やっぱり挑戦する年になるかなと思っています。これからは『ファンタジーライフ オンライン』『オトメ勇者』『レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀』とリリースが続いていきますので、ぜひ期待してください。

『ファンタジーライフ オンライン』
(C)LEVEL-5 Inc.
[画像のクリックで拡大表示]
『オトメ勇者』
(C)倉花千夏 (C)LEVEL-5 lnc.
[画像のクリックで拡大表示]
『レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀』
(C)LEVEL-5 Inc.
[画像のクリックで拡大表示]
TOKYO GAME SHOW 2017 公式サイト
日本ゲーム産業史
ゲームソフトの巨人たち
日本ゲーム産業史 ゲームソフトの巨人たち


コンピュータゲームが誕生してから半世紀あまり。今や世界での市場規模は10兆円に迫る一大産業の成長をリードしてきたのが日本のゲーム会社だ。ベンチャー企業であった彼らが、どのように生まれどうやってヒットゲームを生みだして来たのか。そして、いかにして苦難を乗り越え世界で知られるグローバル企業になってきたのか。その全容が日経BP社取材班によって解き明かされる。

日経BP社 ゲーム産業取材班 著
価格3024円(税込)

AMAZONで買う