2016年は「想定を超える“熱量”で遊ぶゲームファンの増加」に衝撃を受け、ユーザー層の変化と拡大を肌で感じたというコロプラの森先一哲取締役。主力のスマホゲームでは、一部の人気ゲームにユーザーが集中し、固定化するランキングの牙城を切り崩そうと、毎回新たな“挑戦”を盛り込んだ新作を投入し続ける。そうした持ち前の開発力は、他社に先駆けて力を入れてきたVR(仮想現実)ゲームでも生かされている。“スマートフォンゲームの雄”が、今年はどんなアプローチで目まぐるしく変化する市場に挑むのか。

(聞き手/渡辺一正、酒井康治=nikkei BPnet、写真/稲垣純也)

森先一哲(もりさきかずのり):コロプラ取締役 Kuma the Bear開発本部長。コンシューマゲーム業界でデザイナーおよびディレクターとしてさまざまなゲーム開発に携わったのち、2012年3月にコロプラに入社。同年10月にはKuma the Bear開発部長に就任し、『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』『白猫プロジェクト』といったスマートフォンアプリのヒットに貢献。2014年12月、取締役に就任(現任)。
[画像のクリックで拡大表示]