森先一哲(もりさきかずのり):コロプラ取締役 Kuma the Bear開発本部長。コンシューマゲーム業界でデザイナーおよびディレクターとしてさまざまなゲーム開発に携わったのち、2012年3月にコロプラに入社。同年10月にはKuma the Bear開発部長に就任し、『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』『白猫プロジェクト』といったスマートフォンアプリのヒットに貢献。2014年12月、取締役に就任(現任)。

記事へ戻る(ページを閉じる)

他社に先駆けてVRに力を入れてきたコロプラの森先一哲取締役。引き続き開発の手を緩めることはなく、新作を投入し続ける。主力のスマホゲームでも“挑戦”し続ける同社の戦略は?