女性向け恋愛シミュレーションゲームで存在感を示しているボルテージ。東京ゲームショウ2014では、ゲームの世界観を表現したブースに、イケメンモデルによる「壁ドン」がリアルに体験できるコーナーを設け、話題を呼んだ。それ以降も、毎年、趣向を凝らした企画で、女性からひときわ熱い視線を集めるブースとして、東京ゲームショウの“名所”にもなっている。

 ボルテージは、自社では「恋愛ドラマアプリ」と呼ぶ女性向け恋愛シミュレーションゲームを、ほぼ専業で手がけてきた。「恋愛ドラマアプリ」とはその名の通り、女性プレーヤーが自ら主人公になる恋愛ストーリーをスマートフォンなどのモバイル端末で楽しむもの。物語の中で二次元のイケメンとの会話やかけひきを楽しみながら、お気に入りの登場人物との恋愛成就というハッピーエンドを目指す。「恋愛ドラマアプリ」は、昨年12月で、誕生から10周年を迎えた。

 同社を引っ張るのは、津谷祐司会長兼社長と、妻でもある東奈々子副会長。津谷氏が、ボルテージを立ち上げたのが1999年。2010年にマザーズへ上場し、翌年には東証一部へ市場を変更。年間売上高は約100億円に達している。2012年にはサンフランシスコにも拠点を作り、日本の経営は若い世代に任せ、二人で現地採用のスタッフと恋愛シミュレーションゲームの米国普及に努めてきた。たが、昨年、日本に拠点を戻し、津谷氏が社長に復帰。その背景と今後のロードマップを聞いた。

(文/吉岡広統 写真/辺見真也)

[画像のクリックで拡大表示]

津谷祐司(つたに・ゆうじ): ボルテージ代表取締役会長兼社長、ファウンダー。1963年福井県生まれ。東京大学工学部を卒業後、博報堂に入社。1993年、UCLA映画学部大学院の監督コースに留学。1999年にボルテージを設立。著書に『コンテンツビジネスのすべてはUCLA映画学部で学んだ。』(幻冬舎)などがある。

東奈々子(ひがし・ななこ): ボルテージ取締役副会長、ファウンダー。1969年生まれ。津田塾大学卒業後、博報堂に入社。1999年、津谷氏の起業に伴いボルテージへ参画。副社長を経て、13年から現職。