2016年は「研究開発第2ビル」を竣工し、人材確保を含め開発体制の強化に余念がないカプコン。今年の注目は1月に発売された『バイオハザード7 レジデント イービル』。“715万”という体験版ダウンロードの数字がどのようにセールスに結び付くか注目するとともに、その動向をデジタル配信時代における企業戦略の基軸に据えると同社の辻本春弘社長は話す。「ビジネスチャンスが拡大する」と、昨年のVRに続き3月登場の「Nintendo Switch」も大歓迎。変化が続くゲーム業界とカプコンを取り巻く状況について、辻本社長に聞いた。
(聞き手/酒井康治=nikkei BPnet、写真/稲垣純也)

辻本春弘(つじもとはるひろ)
カプコン 代表取締役社長 最高執行責任者(COO)
1964年、大阪府生まれ。大学在学中よりアルバイトとしてカプコンで働き始め、機器の修理などの現場業務の経験を積む。1987年、大学卒業と同時にカプコンに入社。当時の新規事業だったアミューズメント施設運営事業の立ち上げに参加し、業界ナンバーワンの高収益ビジネスモデルの確立に貢献。1997年には取締役に就任し、以後は家庭用ゲームソフト事業の強化に注力。常務取締役(1999年~)、専務取締役(2001年~)を経て、2004年からは全社的構造改革の執行責任者として、コンシューマ用ゲームソフト事業の組織改革(開発・営業・マーケティングを一体化した組織への改革)、海外事業の拡大などに携わる。2006年に副社長執行役員となり事業全体を統括。2007年7月には創業者である父・辻本憲三(現、代表取締役会長最高経営責任者(CEO))から社長職を引き継ぎ、代表取締役社長 最高執行責任者(COO)に就任し、現在に至る
[画像のクリックで拡大表示]