「glafitバイク」は、一見、今どきの小径自転車だが、実は後輪にインホイールモーター、フレーム内に細長い小型バッテリーを搭載する電動バイクだ。スロットルを回すと電動モーターで走る他、電動アシスト自転車のように、足こぎとモーターの推進力の両方を使った“ハイブリッド走行”も可能。坂道もスイスイ上れて、万が一バッテリー切れしたときは、ペダルをこいで走れるため、街乗りでも遠出でも、安心・快適に走行できる。国内クラウドファンディング史上最高支援額を達成した斬新な電動バイクの特徴と魅力とは? クルマのパーツ開発・販売会社で開発元のファイントレーディングジャパン社長の鳴海禎造氏に聞いた。

ファイントレーディングジャパン社長の鳴海禎造氏
[画像のクリックで拡大表示]

モーターを人力が助ける“逆転の発想”

見た目はスタイリッシュな小径自転車だが、実は最高時速30km、フル充電でスペック上は約45km走行可能なペダル付き電動バイク。カラーは、ホワイトツートン、スーパーブラック、ファッションカーキ、ミカンオレンジ(写真)の4色
[画像のクリックで拡大表示]

――どこからどう見てもスタイリッシュな小径自転車……と思いきや、実は原付免許が必要な電動バイクにペダルを付けた新しい乗り物ですね。しかも、クラウドファンディングのMakuakeで実施しているプロジェクトでは、1台税込み12万7500円と電子アシスト自転車並みの価格です。

鳴海禎造氏(以下、鳴海): ハンドル部のスロットルを回すことによって電動モーターで走行でき、ペダルをこいで進むこともできます。あるいは、ペダルこぎと電動モーターの推進力を合わせた「ハイブリッド走行」も可能。ハイブリッド走行モードでペダルをこぐとセンサーが感知して、自動的にモーターが回り始める仕組みです。人力と電動の両方を使って走ることができることから、私たちは「ハイブリッドバイク」と呼んでいます。

 電動バイクはさまざまなメーカーが販売していますが、「万が一バッテリーが切れたら」と不安に思って購入を躊躇する人も多いのではないかと思います。「そうであるなら、ペダルを付ければいいのでは」と発想して作ったのが、このglafitバイクです。これなら、少なくとも動力がゼロになることはないので、毎日、安心して乗ることができます。車体重量は18kgで、一般の自転車より少し重い程度なので、足こぎだけでも難なく走ることが可能です。

――従来の電動アシスト自転車との違いは何ですか?

鳴海氏: 電動アシスト自転車はペダルのクランク部にモーターを搭載し、足でこぐ力をモーターによって補助(アシスト)するもの。法律でモーターの力はこぐ力の最大2倍に、時速24km以上ではモーターアシストをゼロにするように制限されています。つまり、主に走り始めのペダルが重いときに、あくまで足こぎをラクにする目的で作られています。一方、glafitバイクは後輪に搭載されたインホイールモーターが独立して駆動し、それに足でこぐ力が上乗せされます。また、あくまで電動バイクなので、電動アシスト自転車のようなモーターの力の制限もなく、推進力は電動アシスト自転車よりも段違いに高まります。

――実際走ってみましたが、足でこぎ出して後輪のインホイールモーターが回り始めると、背中をポンと押されたような小気味よい加速力を実感しました。それに、急な坂道も人力と電動のハイブリッド走行によって、スイスイと上れて、全く疲れなかったのには驚きました。

鳴海氏: 坂道がスムーズに上れることもglafitバイクの大きなメリットです。実は、従来の電動バイクのユーザーが最も不満に思うことの一つが、モーターの力が弱いため急な坂道を上り切れないこと。であれば、モーターの出力をもっと上げればいいと考えるかもしれませんが、そうすると、今度はバッテリーの減りが早くなってしまいます。モーターとバッテリーのバランスを考慮すると、どうしても現状の出力が限界で、正直、多くの電動バイクが坂道を苦手としているのが実状。glafitバイクのモーターも他の電動バイクと同じ程度です。しかし、glafitバイクには「人力」という武器があります。モーターの力で上っているとき、足でペダルを軽くこぐだけで、推進力が増すため、坂道を難なく上れるわけです。電動アシスト自転車は人力でこぐ力をモーターが助ける。それに対して、glafitバイクは逆にモーターを人力でこぐ力によって助ける。そうした逆転の発想によって、電動バイクの課題だった急坂の登坂問題をクリアしているわけです。

ハイブリッドモードでペダルをこぐと、クランクに設置されたセンサーが感知し、自動的に後輪の電動モーターが駆動。背中を押されたような加速力を実感できた
[画像のクリックで拡大表示]