この記事は雑誌『日経おとなのOFF』2013年3月号に掲載した記事に一部手を加えたものです。内容は基本的に雑誌掲載当時のものです。

シックなインテリア(部屋ごとに異なる)で統一された室内。飾り立て過ぎないシンプルな空間が、時刻によって表情が変わる富士山の眺めを際立たせる
[画像のクリックで拡大表示]

 400年以上続くわさび農家、カネイチわさび園に寄ると、当主の塩谷智司さんが、「試食をどうぞ」とわさび漬けを出してくれた。驚いたのは、わさび特有の刺激を感じる直前、甘みがふわっと広がったこと。「1年を通して温度差が緩やかで、イオンや霧の多い中伊豆の沢はわさび作りに最適。枯れることのない豊富な地下水が、ほのかに甘みのある極上のわさびを育ててくれるんです」と、塩谷さんが胸を張った。

 豊富な湧き水が地熱によって温められた温泉も、大地からの贈り物。伊豆半島には海を望む温泉リゾート施設のほか、公共の温泉施設も多い。「特に伊豆半島の西側にはまだ鉄道が通っておらず、のんびりとしています。温泉につかり、自然に触れて、何もしない贅沢を存分に味わっていただきたい」と温泉旅館、富岳群青支配人の落合正寿さん。

水の里恷 富岳群青
伊豆半島西海岸に立つ温泉旅館。全8室の客室すべてから駿河湾に浮かぶような富士山を一望できる。
【Data】静岡県伊豆市八木沢2461-1 TEL:0558・99・1111 チェックイン15時、アウト12時 料金:6万3000円~(1泊2食、2名1室利用時の1名の料金)

客室にはそれぞれ広いデッキテラスと露天風呂が付いており、好きな時間に温泉を楽しむことができる
[画像のクリックで拡大表示]
食事は専用の個室が用意される
[画像のクリックで拡大表示]
料理は地元の食材を重視。写真は、コース料理の1品で「戸田産赤座海老と地磯蚫の柔らか煮」。野菜は近隣農家や自家菜園で収穫されたもの
[画像のクリックで拡大表示]
黄金崎
[画像のクリックで拡大表示]
海底火山の噴出物が熱水によって化学変化を起こし、黄白色に変色した。夕日に照らされると、黄金色に輝くことから命名された。
【Data】静岡県賀茂郡西伊豆町宇久須3566-7

 こうした手つかずの自然、そして大地は、住民に豊かな恵みを与えてきた。だがその一方で、活動を続ける火山が地震や噴火といった災害をもたらすこともある。

 「ここに暮らす人々は天災に対する意識を高め、知恵を出し合って、自然と共生してきました。大地の成り立ちを知ることで、息をのむような美しい風景に実は隠された意味があることが分かる。それをお伝えすることで、伊豆の旅をより深く楽しんでいただくことがガイドの役割です」(仲田さん)。

 その言葉から、郷里への深い愛情と誇りが伝わってきた。

室岩洞
[画像のクリックで拡大表示]
火山灰や軽石の地層は、加工しやすい伊豆軟石として江戸時代に重宝された。室岩洞は石丁場と呼ばれる当時の採石場。
【Data】静岡県賀茂郡松崎町道部

沢田公園露天風呂
[画像のクリックで拡大表示]
高台から海を望む眺望抜群の露天風呂。堂ヶ島のジオポイントの一つ、三四郎島の眺めを楽しみつつ、効能豊かな温泉を堪能できる。
【Data】静岡県賀茂郡西伊豆町仁科2817-1 TEL:0558・52・0220 営業時間:9~18時(10~2月)、9~19時(3~5月、9月)、9~20時(6~8月) 料金:600円 定休日:火曜