家電ティーチャーの奈津子です! 最近の大型テレビはほとんど4Kになってきていますが、皆さんは2018年12月1日に4K・8K実用放送がスタートするのはご存じでしょうか? 4K放送はスカパー! 4Kなどですでに実用放送がスタートしていますが、約1年後にはいよいよ現行の地デジ放送の16倍(縦横各4倍)、4K放送に比べても4倍の解像度を持つ8Kスーパーハイビジョンが始まるのです。

 8Kスーパーハイビジョン放送の開始までちょうど1年ということで、東京・新宿でPRイベント「放送開始まであと1年! 4K・8Kスーパーハイビジョンパーク」が開催されました。8Kスーパーハイビジョンはすでに試験放送がスタートしているものの、残念ながら8K放送を受信できるチューナーが市販されていないため、こういったイベントなどでしか見ることができない“レア映像”なのです。8Kスーパーハイビジョンによって私たちの生活がどう変わるのか。そんなところにも注目しながら紹介していきたいと思います。

「『4K・8Kスーパーハイビジョンパーク』にやってきました!」
「『4K・8Kスーパーハイビジョンパーク』にやってきました!」
[画像のクリックで拡大表示]
「どーもくんかわいい! 私、このコ大好きなんですよ♪」
「どーもくんかわいい! 私、このコ大好きなんですよ♪」
[画像のクリックで拡大表示]

 会場に入ってすぐに目に入るのが、近未来の“8Kのある暮らし”をイメージした「8Kリビングシアター」です。超薄型の4Kディスプレイを4枚組み合わせて8Kディスプレイにしたものです。超狭額縁ディスプレイなので画面の継ぎ目はそれほど気になりませんが、これが1枚のパネルになったらさらに迫力が増しそうですね。

「美術館はもちろん、世界遺産などの観光名所の映像も、8Kにはピッタリなコンテンツですね」
「美術館はもちろん、世界遺産などの観光名所の映像も、8Kにはピッタリなコンテンツですね」
[画像のクリックで拡大表示]

 ルーブル美術館の絵画の色味が鮮やかで、青の鮮烈さ、朱色の慈悲深さ、深緑の気品! 人物の透き通るような肌色や桜色の唇、今まで見ていた色はなんだったのかと思うほどです。

 私はレギュラー出演中の『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京系)で美術品を毎週目にしているので(笑)、この再現度がいかにすごいのかよく分かりました。8Kスーパーハイビジョンは解像度だけでなく、色再現性もコントラストも大幅に向上しているということなので、8Kならではのコンテンツの楽しみ方なのかもしれません。