家電ティーチャーの奈津子です。これからは一家に1台、ロボットを所有する時代になる――そんな時代を予兆させるような最新技術動向を取材してきました。千葉県の幕張メッセで10月初旬に開催された家電製品関連の総合展示会「CEATEC JAPAN 2017」です。自分たちの生活を変えてくれそうな未来の家電たち。AI(人工知能)を搭載したスマートミラーなどは、ゴルフのスイングもチェックしてくれるんですよ!

「幕張メッセで開催された『CEATEC JAPAN 2017』に来ました!」
「幕張メッセで開催された『CEATEC JAPAN 2017』に来ました!」
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTドコモグループのブースでは、シャープの液晶ディスプレイを用いた8K映像によるパノラマVR(仮想現実)技術を参考展示していました。VRはもちろん、4Kですら一般的には完全に浸透しきっていないのですが、そのさらに上をいく「8K/VR」というのは未来感がすごいですね。ユーザーが見る方向に合わせて8Kの映像を表示するのは相当大変そうですが、視界に映っている部分だけを高解像度で表示することで処理速度の問題をクリアしているそうです。

シャープの液晶ディスプレイを用いたVRゴーグル
シャープの液晶ディスプレイを用いたVRゴーグル
[画像のクリックで拡大表示]

 体感した映像は、鴬谷に実際にある「キネマ倶楽部」というライブ会場で10人ほどのダンサーが輪になって(ユーザーを取り囲むような形で)踊る映像。このステージにはアイドル時代に私自身も立ったことがあり、VR内の映像から感じられる空気感や光の印象が再現されていることを実感できました。ダンサーの細やかな手先・足先の表現、深みのある表情がしっかりと堪能でき、確かに4K映像を用いたVRよりも繊細さが感じられます。

VRゴーグルで8K/VR映像を視聴する奈津子さん
VRゴーグルで8K/VR映像を視聴する奈津子さん
[画像のクリックで拡大表示]

 少し残念だったのは、会場内のVRゴーグルの設定が、視力1.0程度の人向けにされていたこと。自分は視力が2.0あるので(笑)、たまにぼやけたりしました。ゴーグルのサイズや重さ、使い勝手の点ではしばらく課題が残りそうですね。