家電ティーチャーの奈津子です。前回の「iPhone 7にオススメのBluetoothヘッドホンを見つけた」から日をおかずに再登場させていただきました!

 前回はイヤホンジャック不採用となったiPhone 7でも気軽に音楽を楽しめる「Bluetoothイヤホン・ヘッドホン」と「Lightning対応イヤホン」を紹介しました。特にBluetooth対応モデルは低価格帯から高価格帯(実勢価格6万円以上のモデルまで!)まで幅広くラインアップしているので、デザインや音質で好みのモデルが見つかりやすくなってきました。

 ……とはいえ。とはいえ、ですよ? やっぱりもっと幅広く、自分好みのヘッドホンを選んで音楽を楽しみたいという人も少なからずいるのではないでしょうか。iPhone 7に付属の変換ケーブルを接続すれば、もちろんどんなヘッドホンでも接続できます。でも今回は、iPhoneシリーズの音を一段……いえ、数段以上もパワーアップする方法を紹介しちゃいます。

 それはずばり「ポタアン」! ポタアンとは「ポータブルヘッドホンアンプ」のことです。今回はiPhone 7にオススメのポタアンを紹介する……のではなく、ポタアンをつなげることでたどり着ける“至福の音の世界”を、ちょっとだけ紹介しちゃいます!

iPhone 7+「ポタアン」で“ハイレゾ”も楽しめます!

 ということで前回に引き続き、2016年10月22日から23日の2日間にかけて東京・中野の中野サンプラザで開催された「秋のヘッドフォン祭 2016」からリポートします。

「またまた中野サンプラザからお届けします!」
「またまた中野サンプラザからお届けします!」
[画像のクリックで拡大表示]

 今回はChordの人気ポタアン「Mojo」(実勢価格5万5500円)を高級イヤホン・ヘッドホンのモニター用にお借りしました。iPhone 7との接続方法は、アップルの「Lightning - USBカメラアダプタ」(同3200円)をiPhone 7のLightning端子に挿し、そこからマイクロUSBケーブルでMojoに接続するというスタイルです。

「今回はChordの人気ポタアン『Mojo』(実勢価格5万5500円)を高級イヤホン・ヘッドホンのモニター用にお借りしました♪」
「今回はChordの人気ポタアン『Mojo』(実勢価格5万5500円)を高級イヤホン・ヘッドホンのモニター用にお借りしました♪」
[画像のクリックで拡大表示]

 ちなみに、iPhone 7内蔵の「ミュージック」アプリでは、「e-Onkyo music」や「Mora」などで販売されている「ハイレゾ音源」を再生することはできないそうです(一部可能ですが、“ハイレゾ音質”で出力することはできないとのことです)。そのため、ハイレゾ音源を楽しむためには別途プレーヤーアプリも必要になるとのことです。

 説明しよう! 「iPhone 7をはじめとするiPhoneシリーズでハイレゾ音源を再生するためには、別途ハイレゾ音源の再生に対応するプレーヤーアプリ(オンキヨーの『HF Player』、ラディウスの『NePLAYER Lite』など)が必要になります。どちらのアプリも無料ですが、ハイレゾを再生するためには別途課金が必要になる場合があります」……だそうです!
■家電ティーチャー・奈津子のワンポイント解説
 説明しよう! 「iPhone 7をはじめとするiPhoneシリーズでハイレゾ音源を再生するためには、別途ハイレゾ音源の再生に対応するプレーヤーアプリ(オンキヨーの『HF Player』、ラディウスの『NePLAYER Lite』など)が必要になります。どちらのアプリも無料ですが、ハイレゾを再生するためには別途課金が必要になる場合があります」……だそうです!
[画像のクリックで拡大表示]

 iPhoneでのハイレゾ再生に対応するポタアンはMojoの他にもいくつかありますので、興味がある人は調べてみてください!