女優の奈津子です! アイロボットのロボット掃除機「ルンバシリーズ」を日本に持ち込んで大ヒットさせ、現在は空気清浄機の「ブルーエア」ブランドを取り扱うセールス・オンデマンドから、窓掃除ロボット「ウインドウメイト RTシリーズ」が登場しました。窓用ロボット掃除機というと、エコバックスの「WINBOT」という製品をご存じかもしれませんが、それとは違う新しいスタイルの窓用ロボット掃除機とのことなので体験してみることにしました。

 ウインドウメイト RTシリーズは、韓国のRF社が開発した窓用ロボット掃除機です。対応する窓の厚さによって4つの機種に分かれており、薄い窓に対応する2モデル(5~10mm対応、11~16mm対応)の実勢価格が6万4800円、厚い窓に対応する2モデル(17~22mm対応、23~28mm対応)が6万9800円だそうです。

 ウインドウメイトの最大の特徴は充電式で、なおかつコードレスという点。先ほどのWINBOTはコード付きです。また、WINBOTは吸盤のように窓に吸い付きながら掃除をするのに対し、ウインドウメイトは窓ガラスを外側と内側から挟み込み、永久磁石でくっつきながら掃除するという異なるスタイルを採用しています。

セールス・オンデマンドが2018年2月22日に発売する韓国RF社の窓用ロボット掃除機「ウインドウメイト RTシリーズ」
セールス・オンデマンドが2018年2月22日に発売する韓国RF社の窓用ロボット掃除機「ウインドウメイト RTシリーズ」
[画像のクリックで拡大表示]

 では、どのように掃除を進めていくのでしょうか。実際に体験してみましょう。