1位のB'zはCDを買うしかない曲

 近年では宇多田ヒカルの「花束を君に」のように、CDが出るまで半年近く配信限定で発売される楽曲があったり、星野源「恋」のように動画サイトやカラオケで長く支持されたりする楽曲が、ヒット曲になることが増えています。一方『J-POP最強カウントダウン50』チャートはいわゆる“ビルボード方式”ながら、トップ20中の急上昇曲16作品すべてがCDの売り上げがヒットの要因。つまりCDの売り上げが“最強”という考え方でランキングを決定しているともいえます。

 B'zの「声明」は本チャートで採用されているオリコンのCDセールスでは1990年の「太陽のKomachi Angel」から49作連続の1位を記録。本チャートでも当然1位となるわけです。この曲は53作目となる両A面扱いのシングル「声明/Still Alive」に収録されており、しかも収録4曲すべてに強力タイアップが付いており、貫禄を感じます。

 具体的には「声明」はアメリカンな王道ロックスタイルの曲で「UCC BLACK 無糖」のCMソング。疾走感ある「Still Alive」は2017年1~3月放送の木村拓哉主演ドラマ『A LIFE~愛しき人~』主題歌。ロッカバラードの「世界はあなたの色になる」は、劇場版『名探偵コナン』シリーズの20作目である『名探偵コナン 純黒の悪夢』(2016年)主題歌。ミステリアスなタッチで内省的な「フキアレナサイ」は、阿部寛主演の映画『疾風ロンド』(2016)主題歌となりました。

 実は「声明」と「Still Alive」は現段階では未配信で、レンタルCDもなく、音源が欲しい場合はCDを入手するしかないというのです。ただこうした施策は、長年のファンを大事にしているからこそという印象です。

B'z「声明/Still Alive」(ヴァーミリオン)
[画像のクリックで拡大表示]