毎回異なる音楽チャートから最新のヒット曲を紹介する「臼井孝の音楽チャートから見るヒット曲最前線!」。この連載では、月の前半は総合的なビルボード・ジャパン・チャート、そして月の後半はパッケージや配信のセールス、動画や歌詞の検索数、カラオケや有線リクエストなど個別のヒットチャートから1種類を選択し、ヒット曲を解説します。今回は、定額聴き放題サービス「dヒッツpowered by レコチョク」(以下、「dヒッツ」と呼びます)でのお気に入り楽曲数の指標「myヒッツ」のランキングを見てみます。

ラジオのように楽しむなかから10曲選んで保存する「myヒッツ」

 「dヒッツ」は、NTTドコモの音楽ストリーミングサービスで、月額300円で500万曲以上の配信楽曲を、年代別やシチュエーション別などのテーマに沿った5000以上のプログラムを再生することで自由に聴くことができます。現時点で有料会員数は350万人を突破し、テレビCMを見かけることも多くなっています。

 月額500円コースになると、プログラム中にかかった楽曲や検索でヒットした楽曲の中から、毎月10曲まで保存してオフラインでも直接楽しめる「myヒッツ」というサービスが利用できます。つまり、普段はラジオのように聴き流しつつ、特に気に入ったものは「myヒッツ」として保存すると、まるでダウンロードやCDからリッピングした楽曲のように個別に聴くことができるというわけです。

 繰り返し再生したい10曲、つまり各リスナーの“心のベストテン”ともいえる楽曲を集計した「myヒッツ」のランキングには、どんな傾向があるのか。見ていきましょう。

欅坂46、菅田将暉ら若手から星野源、Perfumeなど手堅い人気曲が好まれる!?

 1位は欅坂46の4thシングル「不協和音」が初登場。音楽配信でも堂々の1位です。2位には、菅田将暉のデビュー作、3位はE-girlsからDream Amiと、TOP3がすべて若手、しかも、グループもソロもランクインしているのは、同サービスの特徴といえるでしょう。

 4週連続でTOP10入りしているのは、星野源、Perfume、そして映画『モアナと伝説の海』の日本語版で流れる加藤ミリヤと主役声優を演じた屋比久知奈の4曲。いずれも、ドラマ、または映画のタイアップ曲で、かなり手堅い人気曲が好まれるようです。

今週注目のシングル・ヒットチャート『dヒッツpowered by レコチョク「myヒッツ」』(2017年4月6日~4月12日)
[画像のクリックで拡大表示]
※「-」は20位圏外、網掛けは4週連続TOP10入りしている安定したヒット曲 ※発売元略号:A=エイベックス、S=ソニー、TF=トイズ、U=ユニバーサル、V=ビクター、W=ワーナー
■提供元:レコチョク