毎回異なる音楽チャートから最新のヒット曲を紹介する「臼井孝の音楽チャートから見るヒット曲最前線!」。この連載では、月の前半は総合的なビルボード・ジャパン・チャート、そして月の後半はパッケージや配信のセールス、動画や歌詞の検索数、カラオケや有線リクエストなど個別のヒットチャートから1種類を選択し、ヒット曲を解説します。今回は、Twitterでのツイート数に注目します。

アイドル、スターが上位になりやすいTwitter

 前週(3月6日~3月12日)はレミオロメン「3月9日」のツイート数が急上昇するなど、音楽関連の話題は常にツイートされていますよね。2月上旬掲載の本連載「トリセツvs関白宣言! 漫画でチャートに異変」で西野カナ「トリセツ」とさだまさし「関白宣言」が、あるマンガの影響でツイート数が急上昇し、ビルボード・ジャパンの総合順位も上昇したとお伝えしたとおり、このツイート数がヒットチャートに影響を与える昨今、時代や季節のトレンドが反映されやすいTwitterでは、何が安定して人気なのかを見てみました。

 1位は乃木坂46の「インフルエンサー」で、CDでは公式ライバルのAKB48が圧倒的ですが、配信やTwitterでは既に乃木坂46がAKB48を上回っています。ほかにも2位に欅坂46の新曲、6位にNGT48のデビュー曲など、TOP20に“坂道&AKB”グループが5曲もランクイン。

 またジャニーズ系がNEWSの3位をはじめ4曲、EXILE系が三代目J Soul Brothersを中心に5曲、さらにK-POPが2曲とアイドルおよびスター性の強いアーティストがTwitterでは上位になりやすい傾向にあります。

 注目は18位のTWICE。日本デビュー前ながら韓国でのアルバムや配信、Twitterや動画が既に日本でも上位入りしており、久々に韓国のガールズグループの大ヒットを予感させます。

今週注目のシングル・ヒットチャート『Twitter』(2017年3月13日~3月19日)
[画像のクリックで拡大表示]
※Twitterでの4週間推移と、右端にビルボード・ジャパンの総合順位も示した。
※「-」は100位圏外、網掛けは4週連続TOP30入りの楽曲。
※発売元略号:A=エイベックス、AS=A-Sketch、JE=ジャニーズ、K=キング、S=ソニー、V=ビクター、W=ワーナー

■提供元:NTTデータ