富裕層向けクレジットカードとして2008年から米国で提供されている「ラグジュアリーカード」。このカードが2016年11月1日、日本でも提供開始となりました(発行会社は新生銀行グループのアプラス)。ちなみに、同カードが提供されるのは米国に続いて2カ国目とのこと。

 このラグジュアリーカードはどんなクレジットカードなのか、日本で成功するのかを考えていきたいと思います。

カードが金属製! ゴールドは24金コーティング

ラインアップはチタン、ブラック、ゴールドの3種類
[画像のクリックで拡大表示]

 名前からして豪華なクレジットカードですが、ラインアップはチタン、ブラック、ゴールドの3種類。いずれも金属製でありながら通常のカードと同様の厚みで、ATMやコインパーキングの自動精算機などでも使えるそうです。

 さらにゴールドに関しては、表面が24金でコーティングされています。アメリカン・エキスプレス(以下、アメックス)の「センチュリオンカード」やJALの「メタル会員」向けカードの影響で日本ではチタンカード=最上級という認識している方も多いと思いますが、ラグジュアリーカードはチタン<ブラック<ゴールドという順番となります。日本ではゴールドカード=プレミアムカードの入り口というイメージですが、海外では純金でできているクレジットカードもあり、ゴールド=最上級と考えられているようです。

 ちなみに、チタンが5万円、ブラックが10万円、ゴールドが20万円と、年会費もラグジュアリーとなっています。

マスターカード最上級「ワールドエリート」が付帯

 もう一つの大きな特徴は、国際ブランドであるマスターカードの最上級「ワールドエリート」が付帯する点です。

 これまで日本では、マスターカードのランクはスタンダード、ゴールド、チタン、プラチナ、ワールドの5段階でした。ランクによって利用できる特典が異なっており、例えば、チタンだと特定のレストランのコース料理を2人以上で予約すると1人分が無料となったり、プラチナだとそれに加えて国際線のフライト利用時に手荷物を空港まで2個まで無料で宅配してくれたり、といった具合です。

 ちなみにこれまでの最上位であるワールドが付帯したクレジットカードは、日本ではSBIワイルドカード、ポルシェカード、SuMi TRUST CLUB ワールドリワードカードの3種類しかありません。今回のラグジュアリーカードのランクはそのさらに上のワールド エリートとなります。ラグジュアリーカードは全てのラインアップでワールドエリートとなっており、日本でのワールドエリート付帯カード第1号となるわけです。マスターカードのロゴがレーザー刻印(削り出し)なのもポイントで、マスターカードとしても気合が入ったカードといえるでしょう。

 では、ワールドエリートではどのような特典が受けられるのでしょうか。実は現時点ではワールドの特典と同じなのです。ただ、2017年以降はワールドエリート限定の特典も用意されるとのことです。

マスターカードのロゴがレーザー刻印(削り出し)になっている
[画像のクリックで拡大表示]