前回まではプレミアムカードのさまざまな特典を紹介してきました。年会費が数万円から数十万円もするこうしたカードを持つのなら、ほかにはないサービスが受けられるものを選ぶべきでしょう。

 世の中には多くのプレミアムカードが存在します。年会費が10万円を超えるものも多いですし、ビジネスカードなど中小企業オーナーや個人事業向けのカードもあります。さらに、特定の職業に就いている人(医師、弁護士など)、特定の大学を卒業した人のみ保有できるカード、地方銀行のプレミアムカードなど、挙げていくとキリがありません。

 そこで今回は誰でも対象になりやすくて、年会費5万円以内で際立った特徴があるプレミアムカードをピックアップしてみました。

ブラックカードの年会費が1万2000円!?

 まずインビテーションが不要で申し込めば入手できるカードのなかで個性的といえるのが、「SuMi TRUST CLUB リワード ワールドカード」でしょう。1万2000円とプレミアムカードとしては年会費が安く、コンシェルジュサービスは付帯しません。ただし、このカードはMasterCardブランドの(日本での)最上位クラス「ワールド」に位置付けられ、MasterCardのブラックカードレベルになります。

 MasterCardのワールドは、MasterCardブランド独自のプレミアムカード保有者向け特典「Taste of Premium」が利用できます。レストラン特典、国際線手荷物無料宅配やゴルフ特典、高級ホテル・高級旅館の特典などが用意されています。例えば、国際線の手荷物宅配では他社発行のMasterCardプラチナカードでも無料なのは1回2個までですが、このカードでは1回3個まで。なぜこの年会費でワールドなのかは分かりませんが、ブラックカードレベルのものを持ってみたいという場合にはおすすめのカードです。

 ただこのカードだとコンシェルジュサービスを利用できず、ラウンジなどが利用できるプライオリティ・パスもスタンダード会員相当となるため、ほかのプレミアムカードからすると見劣りします。また、カードの券面についても、ほかのプレミアムカードが黒やシルバーとなりますが、ゴールドの券面とプレミアムカードっぽくはないのも残念なところでしょう(従来のシティ リワード ワールドカードの券面は青)。それでも、年会費1万2000円でワールド特典を利用できるのはコストパフォーマンスが良いといえます。