リカンベントは寝そべったような姿勢で乗るのが特徴

 2016年10月20日、自転車の転倒事故で漫画家の小路啓之氏が亡くなった。この事故は人気漫画家が亡くなったことだけでなく、乗っていた自転車が「リカンベント」だったということで注目を集めた。私は、リカンベントに乗り始めて13年たつが、これほどリカンベントが世間の目を集めたことは今まで記憶にない。

 リカンベントはその特異な形態もあってか、「変な自転車」という印象で見られることが多い。また、見慣れないことが警戒感を引き出すのか、「乗りにくいのではないか」「危ないのではないか」と感想を聞くことも少なくない。

 リカンベントとはどんな自転車なのか。その可能性に魅せられて2003年からリカンベントに乗り始め、現在はタイプの違う2台のオーナーである筆者なりに解説していきたい。

リカンベント=寝そべって乗る

 まず自転車の構造の話から始めたい。普通の自転車はクランク(踏み込んだ力をチェーンに伝えて自転車を動かす装置)が体の真下にある。このクランク軸を前に出していくとしよう。すると脚を前に投げ出して乗るような乗車姿勢になる。腰の位置が降りてくるから着座位置は通常の自転車より低くなるし、前に脚を蹴り出すようにして漕ぐことになるので背もたれも必要になる。このような、どっかりと座った、あるいは寝そべった姿勢で乗る自転車のことをリカンベント(Recumbent)という。“recumbent”という単語は「横になった, もたれた」という意味の形容詞だ。乗車姿勢を示す単語が乗り物の呼び名となっているわけだ。

 リカンベント最大の利点は、横に寝た乗車姿勢なので通常の自転車と比べると空気抵抗が小さいということだ。同じ速度ならより楽に走れるし、同じ脚力なら、より一層速く走ることができるし、風の強い日には向かい風であっても楽に前に進める。

 だが、ラクということだけがリカンベントの利点ではない。街中でリカンベントに乗る楽しさは、その視界の良さにある。通常の自転車の場合は、空気抵抗を避けて前傾姿勢をとると視線が路面を向くようになり、前方視界が悪くなる。

 これがリカンベントだと、進行方向と空とが大きく開けて見える。この爽快感はなにものにも代えがたい。視界が良いことは、同時に安全だということでもある。また、脚が前に出た姿勢で乗るので、衝突時に頭から突っ込むこともない。

 もちろんデメリットもある。一番のデメリットは通常の自転車と比べると車体が長く、重くなりがちなことだ。ペダルの上に立ってハンドルを腕の力だ引き寄せるようにして漕ぐ、ダンシングという乗り方もできない。車体が重いこととダンシングができないことが重なるので、リカンベントは上り坂はあまり得意ではない。

 一般的な乗り物ではないので大量生産されておらず、通常の自転車と比べるとやや高価なのもネック。ただ自転車は3ケタ万円の車種も当たり前にあるので自転車全般としてはさほど高価ではないが、ママチャリのように極端に安価な車種が存在しないレベルだ。