「トミーカイラZZ」という電気自動車に試乗してきた――こう書いて「トミーカイラ?、あれは電気自動車じゃないよ」と思ったあなたは、かなり自動車通だろう。実はこの自動車、かつてのトミーカイラではない。が、以前と同じく、新たに自動車メーカーとして名乗りをあげたベンチャーの野望を担った1台なのである。

 本題に入る前に、トミーカイラという名前について説明しよう。トミーカイラは、かつて京都にあったトミタ夢工場という会社のチューニングカーのブランドとして始まった。創業者の冨田義一氏と解良喜久雄氏の姓にちなんだブランド名である。

 同社は既存車種を改造して高性能スポーツカーに仕立て、トミーカイラブランドで販売していたが、それに満足することなく1995年に完全オリジナルのスポーツカー「トミーカイラZZ」を発表した。

 2シーターの流麗なボディーデザインはカーデザイナーの由良拓也氏が担当。当時は「由良拓也デザインの日本発スポーツカー登場」ということでかなりの話題を呼んだ。710kgという軽量ボディーに2リッターエンジンを搭載。生産は英国で行い、輸入車として販売し、合計206台が市場に流通した。その後、後継車として「トミーカイラZZ II」という車両の開発が進められたが、これは二転三転し、トミタ夢工場も2003年に倒産してしまった。  話が大きく展開したのは、2010年のことだ。この年、京都大学発の自動車ベンチャーのGLMが旗揚げする。「ゼロから電気自動車の完成車両を開発し、販売すること」を目指す同社が「トミーカイラ」のブランドを継承し、新世代の電気スポーツカー「トミーカイラZZ」の開発を開始したのだ。2013年4月に車両を発表。2015年11月から、限定99台の販売を開始した。今回試乗したのは、そのうちの1台である。

 たったの99台? そう、たった99台だ。だが、この99台には大きな意味がある。

トミーカイラZZの外観。低く薄い車体の2シーター。スポーツカーとしての押し出しは十分だ
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

高性能を秘めた禁欲的な車体

 新世代のトミーカイラZZの車両を見ていこう。スタイルは低く構えた2シータースポーツカー以外の何物でもない。ドライバーの乗車する空間を中心に、アルミ合金のフレームを箱形に組み上げるバスタブ構造というシャーシに、FRP(繊維強化プラスチック)の外装を装着している。車重は850kg。昨今の自動車は1.5トン以上のものも珍しくないということを考えると、非常に軽い。

 動力は座席の後ろ、ミッドシップに搭載された305馬力のモーターだ。850kgの車体に305馬力の動力。このスペックを見ただけで、この車両が並外れた動力性能を持つことが分かる。

 インテリアは素っ気ないぐらいに簡素。なにしろ電気自動車なので、トランスミッションもない。ペダルはアクセルとブレーキだけだ。荷物を積むスペースも皆無。つまりこの自動車は純粋に走るためだけに作られている。この時点での印象は、「セブンみたいだ」というもの。

質感は高いが、見事なまでになにもない運転席回り。
[画像のクリックで拡大表示]

 革命的な自動車設計者のコーリン・チャップマンが1957年に発表したスポーツカー「ロータス・セブン」は簡素にして高性能を発揮したことから世界中で受け入れられ、元祖のロータスが1970年代に製造を終了した後も、英ケータハム社をはじめとして製造権を得た世界中のメーカーが改良を加えた発展型を製造し続けている(これらサードパーティー製の車両を総称して「セブン」と呼ばれている)。発表後60年を経て、今も新車が手に入る希有のスポーツカーだ。

 セブンは、走るために必要な装備以外、何も付いていない。オーディオもなければエアコンもない。このトミーカイラZZも、走るための装備以外は何もついてない。車としての構造はずっと進歩しているが、セブンと共通した印象がある。