「こんな乗り物を試作しました」という少し意味不明なメールが届き、少し、いや、かなり変わった乗り物に試乗してきた。行ってみたら、シートにもたれて乗る自転車「リカンベント」の進化形だった。

今回試乗したリカンベント「ウインドライダー」、クランク回りがふつうの自転車とはかなり違ってる
[画像のクリックで拡大表示]

「リカンベント? 確かに珍しいけれども、かなり変わったというほどでもないんじゃないの」

「確かにそうなんだが、実は直線的にペダルが漕げるSDVというメカニズムが付いている」

オーテック独自の足漕ぎメカニズム「SDV」は、ギアとリンクの組み合わせで直線運動でペダルが漕げる
[画像のクリックで拡大表示]

「SDVリカンベントはかなり変わったと言っていいだろうけれども、随分前から販売されているよ。知る人ぞ知るといったところかな」

「ところが、これは足漕ぎに加えて、ボートみたいに手で漕ぐ機構も付いた試作品なんだ」

「うわ、それはかなり変わっている」……

さらに、手で漕ぐメカニズムが取り付けられていた!
[画像のクリックで拡大表示]