合羽橋の老舗料理道具店「飯田屋」の6代目、飯田結太氏がイマドキの料理道具を徹底比較。今回は「使用範囲が狭すぎる調理アイデアグッズ」。調理にまつわるあらゆる悩みや不満を解消するために開発された調理道具は、その要望が細かいほど、特定の人には歓迎される一方、一般には敬遠されてしまう傾向があります。開発に時間とお金がかかっているのに注目されない、そんな調理グッズを検証します。

見ただけでは何の食材のための調理道具なのか不明。なかには「特定の料理人に絶大な人気がある商品もある」と話す、合羽橋の老舗料理道具店「飯田屋」の6代目、飯田結太氏
[画像のクリックで拡大表示]

想定外に売れた!? マニアック過ぎる便利グッズ

 こんにちは、飯田結太です。調理道具は主に展示会などで見つけて仕入れますが、それだけだと少し物足りなさが残ります。そこで私が日課にしているのが、インターネットで世界中のキッチンツールを探すこと。いい商品を見つけたら海外から直接仕入れることもしばしば。しかし、せっかく仕入れた調理グッズでも、あまりにも用途が狭すぎたり、食材が限定されすぎたりして見向きもされないことが多々あります。かと思うと、名指しで「□□□は置いていますか」と買いに来る料理人もいたり。このギャップが面白いところ。そこで今回は、使い道が狭すぎる調理グッズを検証します。

 まずは、予想外に注目されたグッズから。

■プロが名指しで買いにくる、あの缶詰専用グッズ
 「スパム」をご存知でしょうか。米国のホーメルフーズが販売しているランチョンミートのことです。このランチョンミートをスライスするためだけに開発されたのが「スパムカッター」。形はゆで卵カッターの大型版のような作りで、スパムの消費量が多く、スパムむすびの発祥の地でもあるハワイのロングセラー商品なんです。

 ランチョンミートを包丁でスライスしようとすると、滑ってしまって、均等に切るのは難しい。しかし、このカッターだと予想以上に軽く、きれいに11分割できます。とはいっても、このカッターは、サイズがスパムにしか合わず、ほかの用途には使えません。よほどスパムが好きな人でないと注目しないだろうと思っていたのですが、その切れ味の良さは口コミで広がったらしく、隠れたヒット商品となりました。

 購入していくのはプロの料理人。しかも、「スパムカッターはありませんか」と名指しで来店します。きっとスパムバーガーやスパムむすびを作っているプロにとっては欠かせないグッズなんですね。

写真右はスパムカッター(飯田屋店頭価格1800円)。1回で11枚に切れる。写真左はむすびメーカー(飯田屋店頭価格1200円)。押し寿司を作る要領で使う。この2つがそろえばスパムむすびも簡単に作れる
[画像のクリックで拡大表示]

■空心菜をさらに細くカットするグッズ
 中華料理の定番食材のひとつ、空心菜。茎の部分が空洞になっていて、シャキシャキとした食感が特徴です。日本では主に炒めものに使いますが、ベトナムでは千切りにしてサラダとして食べることが多いのだそうです。「空心菜カッター」はそんなベトナムで開発されたサラダのためのカッター。

空心菜カッター(飯田屋店頭価格1200円)。串の上に放射線状に刃が付いたカッターがある
[画像のクリックで拡大表示]
鋭い刃が付いている。この部分に空心菜を通すと千切りになる
[画像のクリックで拡大表示]

 使い方は簡単。空心菜1本に長い串の部分を差し込み、上部に付いている刃から押し出すと、千切り状態になって出てくるというもの。「これは面白い!」と思い、すぐに仕入れました。しかし、千切りは1本ずつしかできないのです。のんびりと下ごしらえをするならいいのですが、日本でそれは考えられません。きっとこれも売れ残るだろうと思っていました。

 ところが、これが女性に人気が出てほぼ完売に! 大変驚いているんです。アジア料理とサラダに関する調理道具は女性心をくすぐるのかもしれません。

1.串を空心菜の空洞に通す
[画像のクリックで拡大表示]
2.ぐんぐん押していく
[画像のクリックで拡大表示]
3.赤い枠部分を押さえながら押し込むと、放射線状にカットされる
[画像のクリックで拡大表示]
4.でき上がりはこんな感じ
[画像のクリックで拡大表示]