合羽橋の老舗料理道具店「飯田屋」(http://www.kappa-iida.com/)の6代目、飯田結太氏がイマドキの調理道具を徹底比較。今回は、プロに欠かせない、今ひそかに人気上昇中の「缶切り」を検証する。

プロに人気が高い缶切り5選
[画像のクリックで拡大表示]

 こんにちは、飯田結太です。少し前に「缶詰バー」がちょっとしたブームになったことがあります。イマドキの缶詰はプルトップ構造のものが主流ですが、業務用の缶詰はまだまだ缶切りが必要なものが多いのです。フルーツからソース類、輸入食材、食用油や粉類などさまざまな缶詰があり、プロにとって缶切りは定番の道具。そして今、進化した缶切りが次々と発売になっています。今回はプロ必須のキッチン道具、缶切りの最新アイテムを徹底検証します。

合羽橋の老舗料理道具店「飯田屋」の6代目、飯田結太氏
[画像のクリックで拡大表示]

缶切りにもトレンドあり、キーワードは“SNS”と“高齢化”

 昔からあるプロ用の缶切りといえば、てこの力でコキコキと開けていく「ガンジー」が有名です。今も変わらず人気がありますが、缶切りは進化し、トレンドはハンドルタイプへと移行。そのあとに電動式が登場しました。電動式はいつの間にかブームが去り、プルトップ構造の缶詰が増えてきたこともあって、缶切りの進化はここで止まってしまったように思えましたが、ここ2~3年で再び缶切りが増加中。今、飯田屋で扱っているものだけでも20種類以上はあります。

昔から変わらず人気がある新考社「ガンジー300番」(飯田屋店頭価格500円)
[画像のクリックで拡大表示]

 最近の缶切りの傾向は、手をケガしにくい、切り口が尖らないように切れるもの。以前は、缶のふたの内側を切っていくのが一般的でしたが、最近増えているのはふたの外側を切っていくもの。外側を切ると、切り終わったふた部分がまたふたとして使えるのです。食べ終わったら、小物入れとして再利用する人が増えているのだそうです。

 このトレンドは、最近のSNSへの投稿に関係があるようです。おしゃれなデザインが施された外国製の缶詰を食べた後にインテリアとして飾る女性が増えていて、その様子をSNSに投稿しているのが理由のよう。海外の缶はプルトップ構造は少数派なので、缶切りが必要になります。「どの缶切りが一番きれいに切れるか」と質問する女性も多く見かけるようになりました。

 もうひとつの傾向は、手の力が弱い人、高齢者向けに電動式が復活したこと。「親にプレゼントしたいから」と購入する人も増えています。さらに、おしゃれ家電や調理道具が増えているように、デザインにこだわった缶切りや左利き用も登場しています。

プリンス工業「FD STYLE ロータリー式缶切り」(飯田屋店頭価格2700円)。グッドデザイン賞受賞。握りやすく、使いやすいのにスタイリッシュなデザインで男性に人気。フッ素加工されているので、水でさっと流すと汚れが落ちやすい
[画像のクリックで拡大表示]
新考社「レフト・フォー缶切」(飯田屋店頭価格750円)。左利き用に作られた缶切り
[画像のクリックで拡大表示]

 次のページから、人気がある5つの缶切りを実際に検証します。