合羽橋の老舗料理道具店「飯田屋」の6代目、飯田結太氏がイマドキの料理道具を徹底比較。今回のテーマは「キッチンバサミ」。後悔しない上手な選び方を紹介。また、売れ筋の10本を徹底的に検証します。

3つのポイントを押さえれば後悔しない!?

人気のあるキッチンバサミ10点を紹介する合羽橋の老舗料理道具店「飯田屋」の6代目、飯田結太氏
[画像のクリックで拡大表示]

 こんにちは、飯田結太です。昆布や海苔など、包丁を使うまでではないけれど材料を切りたいというときに活躍する「キッチンバサミ」。また、焼肉店では肉をキッチンバサミで切り分けることから、最近は家庭でも肉や魚を切り分けるときにキッチンバサミを使う人が増えているんです。キッチンバサミといっても多種多様ですが、今回はどんなときにも使える万能タイプを取り上げます。

 キッチンバサミを選ぶとき、皆さんはどこを見て決めますか? ハサミを研ぐのはプロでも高度な技術がいるといわれています。ましてや家庭で研ぐのは至難の業。基本的には切れ味が悪くなったら新しいものに交換するのが一般的です。だからこそ、できる限り長く使えるものを選びたいですね。そこで、絶対に後悔しない、長く使えるキッチンバサミの選び方を紹介します。

 選ぶポイントは3つ。「刃の長さ(刃渡り)」「材質」「形状」です。

 刃の長さ(刃渡り)は、短いものよりも長いほうが切りやすいもの。食材に対してスムーズに刃を滑り込ませようとしても刃が短いとすぐに止まってしまうので、作業に時間がかかります。刃は6cm以上のものを選ぶようにしましょう。

 材質は、硬ければ硬いほど長く使えます。おすすめは、ハイカーボン製、鍛造(たんぞう)。これは材質の中で最も硬いものです。一般的なものは、機械で型抜きして最後に研磨して仕上げていくプレス加工ですが、鍛造は、鉄を型に流し込んで上から圧力をかけて仕上げていくので強度が高く、磨耗しにくいのです。価格は高めですが、10年以上使えるので結果的にとてもお得だと思います。材質はハサミ本体や箱などに書いてあるので確かめましょう。

 形状は好みが分かれるところ。こだわりたいのは、指を入れるハンドルの大きさとネジの硬さです。

 ハンドルの大きさは、指がスッと入って余裕があるものがベスト。自分の手の大きさに合っているか、購入前に一度は指を通してみてください。この部分が狭いとすぐに指が痛くなって使えなくなってしまうし、硬いものを切るときに力が入りません。長く使ううえでも重要なポイントです。

ハンドルの輪が大きいほうが指は痛くならず、長時間使える
[画像のクリックで拡大表示]

 ネジは、ハンドルと刃の間にある部分。ハンドルに指を入れてハサミを数回動かしてみると、サクサクと動かせるものと、最初に少し力が必要なものがあります。動かすときにあまりにもぎこちないほど硬いものは使いにくいですが、すぐにサクサクと動くもの、または、ハンドルに指を入れたときに握っていないのに刃の部分が勝手に動いてしまうものはネジがゆるすぎて、すぐに使えなくなってしまいます。最初は少し力がいると思うくらいの硬いものがおすすめです。

購入前にハンドルを握ってハサミを動かしてみるとよい。ネジがゆるすぎるとすぐに使いづらくなるので注意
[画像のクリックで拡大表示]

 ただし、毎日何時間もハサミを使う人には、硬いものは向きません。毎日カニやエビを切り分けたりするプロの人には少しネジがゆるめのものがいいかもしれません。家庭で使うなら、少し硬めのものを選ぶと、長持ちします。